FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
恋活

4/1 (土) 晴れ  

大洞山    標高1013m 歩行時間(約)5時間15分 (花見 含む)
コトさん(コト(^A^)コト(^_^Y)ご夫妻 しろくまさん チー (4人)
地図・・・・ ← 大洞山 アバウトな広域図

家(お迎え*しろくまさん)6:00→しろくまさん家→(コンビニ)→豊中南IC6:35→松原→天理→桔梗が丘のP8:35(コトさん車へ)→ひめしの湯P9:25(10)→三多気駐車場9:40

三多気駐車場9:45→大洞山への東海自然歩道11:20(10)→健脚コース12:30→大洞山(雄岳)13:15(昼60)→雌岳15:00(10)→真福院15:35(15)→三多気駐車場16:35

駐車場16:45→桔梗ヶ丘のP17:35(我が車・西名阪までコトさん先導)→柏原19:40→豊中南20:10→しろくまさん家20:15→うち20:35

高速代  700円+400円+400円 × 2 = 3000円 

ガソリン代  約 2400円
【やばい、、、】
「大洞山へ 行きたいなぁ」
チーには 稀な リクエスト。
しろくまさん 快く 受だく下さり 予報よしよし 心ウキウキ♪

コトさんご夫妻もご一緒下さるコト(!)になって サクラにゃ早いが、、、 早春だ よーん \(^O^)/

新作メロンパンが 山ザキ(=咲き)なら、 前途ヨウヨウo(^-^)o
あれっ ちょっと 渋滞してますねぇ。 
どぉーったの? 
故障車、、、
ウウウ、、、 とりあえず メシ食うわ。

「すいませーん 15分ほど遅れます」
が、30分も遅刻して、、、 
どーも スンマせん。    m(_ _)m

コトさんの深謝(ちゃう!) ピカピカ☆新車に乗り込み、曽爾高原 東(R368)を ひたすら南下。
道ばたに 「太郎生 道里夢(ドリーム)」 
わぁなんと、 こジャレた ネーミング ヽ(^。^)ノ

ちょっとトイレも お借りして、、、 

やがて、来たことあるでー の 三多気パーキング。
今日は 「桜 保全協力金」は 要らない、、、  (^^)v  そら そーでしょ。 
画像にマウスを そっと 置いてね (^^)/
渋滞や〜 大洞山 全景 途上 姫石の湯。 三多気のP 今日はヨン♪ だよ〜ん
客のない桜のトンネル クワを担いだ ばあちゃんと  イソイソ、、、
オオイヌノフグリ、タチツボスミレ、こぼれ種キンセンカ
道ばたは すっかり春〜♪
タンポポ、ネコノメ まだまだ、まだまだ、、

やっとやっとの真福院
桜並木って 参道なのね。    今さら 何を!  (ー.−メ)

上のパーキングにて はたまた撮影会。
まだ 蕾 なのに、、、 
だって だれも 止めようとしないし、、、(笑)

植林地に入ると よもやの雪道。
「チーさん アイゼン 持ってきたん すか?」
「何でぇ!」

木洩れ日に 煌めく雪は キラキラと。
思ったよりも 距離あるねぇ〜 と ようやく車道に。

休憩したい、、、
もう少し。

ベンチ 見るなり ザック開け
春の和菓子大会や〜 (^◇^)v

あれっ  桜餅って  葉っぱ ついてなかった?   うッ! ワシが 食ぅてもたー (¨;)!
桜の参道 茅葺屋根 高見山? 雪混じり おやつだよ〜ん ゴメン!
【まさか、、、】
右手に尼ヶ岳、、、  しかし、如何せん この雪。
せっかくの石畳が、、、
そう せっかくの せっかくの、、、 (^_^;

とぼとぼ ボソボソ ぐらぐら ヨタヨタ、、、
歩きにくいねぇ〜
はぁ、、、       (^_^; サメザメ・・・

雪除けて たまに顔出す ネコノメソウ。  うわっ ネコ踏んじゃ♪いそう〜

季節は 一進一退。
先週の陽気 恨めしく、やっと来たよ と 登山道。
ここからが 登り でした。 ハイ! (汗;

雪解けの ゆるんだ斜面に 足とられ。
こんにちは〜 と、狭い路肩で  袖すれあうも 多生の縁か、、、

三ノ峰、四ノ峰へと アップ&ダウン。
目線の高さにショウジョウバカマ。 キミ 爆発寸前やね!

いよいよ 倶留尊が見え始め 
あと ひと登り、 あぁ ひと登り、ひと登り、、、ヘェヘェ はぁはぁ

あぁぁ 着いた 雄岳。 ヽ(^。^)ノ
お昼だぁ〜〜  
えっ もう1時半 なのかぁ、、、 (^_^;
雪の石畳 尼ヶ岳 崩壊してる でぇ 健脚コースへ
西方面 クリックしてね
ガンバレー!
【やっと、、、】
雪 消えた 二手に分かれて 鍋を煮る。
コトうどん vs しろくま雑炊

デザート、コーヒー、まだまだあるよ  もぉ〜いっぱいです!
あっという間の一時間。

かなり霞んだ景色でも まぁいぃか と 記念撮影 (^_^)v

では、雌岳へと、食後の運動 エッサッサ 
曽爾を眺めて 下っては登り、、、あぁー しんどー 
着きましたよ〜

振り返る 雄岳がとても 凛々しくて、、、
やっぱ ♂は こうでなくっちゃね!

ジグザグ階段 スギ階段 どんどん下って もと来た分岐の広場まで。

「チーさん 今日は やらないの?」
「足上げか?」
「やっ エプリルフールだし、、、」
「フムフム、、、」

おっ! 圏内じゃん♪
で、西へ北へと メールだぞぉーー ヽ(^o^)丿   どーも 大変 お騒がせおば、、、 (^^ゞ 

「すいません そちら たしか 『しろくまさん』 とか、、、」

眼下から 呼びかけられて 足止めて。。。
「はぁ、、」
「と いうことは こちらチーさん?」
「・・・・・ (゚-゚) ・・・・・」
「ぼく もぐらもち、、、」

えぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーっ!

ネットで お世話になっております。
たしか花の、、、  なら花の、、、 ってことは花の、、、
と 話に花も、、、咲きまして、、、(笑)
いやいや お目にかかれて光栄でございます。

結局 コトさんには 西名阪入口まで 先導いただき m(_ _)m

帰り路 はたまた 事故に 巻き込まれ、、、   こりゃ よっぽど、、、
長い渋滞。。。
ごめんなさいねぇ 運転させっ放しで、、

思っていたとは 大違い。 けど、おかげさまで 楽しくて
ご案内も ありがとう。
懲りずに また 遊んでやって下さいねー
今度は ワシも エエモン お見せ しますんで、、、     ハイ! (^v^)ゞ モミモミ
三種のジンギ(?) ノー コメント (^^ゞ 雌岳へ 雌岳から 雄岳を
東方面 クリックしてね
有名な石段・・・ 見かけたら よろしく〜

 めぐり会えた早春の花など、
まとめています。
 ご興味 おありでしたら クリックしてね!

画像提供 ありがとう!

トップへ


4/6 (木)  晴れ  

箕面〜五月山 標高550m?  歩行時間(約)5時間 
チー単独

地図・・・・ ← 箕面〜池田五月山周辺 アバウトな広域図

家8:50(ミツの車)→阪急箕面駅前9:30(下車)

箕面駅9:35→坊島バス停10:05→取り付き10:30→才ヶ原池10:55→こもれび展望台11:35→ビジターセンター11:50(昼)13:00→(自然研究路3)→五月山15:00(5)→阪急池田駅15:50


阪急池田駅15:56→十三→塚口駅16:35→家17:00

電車賃  270円 (復路のみ)   
【春は 気まぐれ〜】
突然 思いたった。  よくあること。 (^^ゞ

箕面駅前で下ろしてもらって とりあえずコンビニ。 (前から アズナスだったか、、 ?
同じ歩くなら、、、と、滝道 避けて バス通り。。    (^_^;

取り付き分からず どんどん どんどん マンション群。。。
もうアスファルト以外なら 何でもええ! 
と、ヤケのヤンパチ 
駐車場奥 鉄扉。

そぉーっと 閂(かんぬき)はずし、奥へと通じる 細い路。。。
心ドギマギ 反面ソワソワ。 
ココはどこやの? 

三ツ石 過ごし 僅かに下れば
「おぉ 池じゃ!」
満面に水をたたえた 澄みし沼!
近寄って 地図を広げて 位置確認。 (助かったぁ〜 ヽ(^。^)ノ

才ヶ原池から先には、 道標完備、あずま屋、丸太も ルンルンで ♪
最後のオマケは 崩壊下り。。。
というわけの やっとやっと ビジターセンター
駅から4つ目のバス停 くらい、 ちょっと ウキウキ (^_^; おぉ! アウトドアやー 才ヶ原池
クリックで よじ登って遠望 
園内 フリー
【長居は長い〜(!)】
お昼を兼ねて話し込み、職員さんにはすっかりお世話になりまして、、 m(_ _)m

裏から周ると箕面滝へと降りれます と、地図までいただき (^_^)/~

杉の山道 爽快で 
ついつい ふらっと 五月山⇒   あぁ あぁ〜

道はどんどん上に向き、 こんなに登ってどうするの〜  (´〜`;)
ようやくピークをやり過ごし わいて出たよな 山中家屋   うわぁーっ!

僅かに下れば 突然 車道  (−_−#)   やっぱしねぇ、、、 

あんなに懲りたアスファルト。 下って下ってどんどん下り
箕面 池田とゴルフ場 二つも越える くるま道       馬鹿みたい、、、いやバカでしょう (゜o゜)\(-_-)

それでも 草木に目が留まり !(^^)!
ふと気がつけば 霊園やぁー    (。。;)!

五月山(桜の名所)に着く頃は やれやれ すっかり疲れ果て、、、
もぉ はよ 帰ろ〜 と、花見見物そこそこに。。  (´Д`)      いったい 何しに来たのやら、、、(笑)
最初は 表示に従った、、 こもれび 植林路 鉢伏山 かな? ようやく五月山 ちょっとパノラマ (^◇^)/~ 花見 つまみ食い (^_^;

 ←この日に出逢った 春の植物をまとめています。
   ご興味おありでしたら・・・

トップへ