FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

11/25 (土) 晴れのち曇り 風強し  

三郎ヶ岳  標高897m 歩行時間(約)4時間  
Mちゃん チー

地図・・・・ ← 三郎ヶ岳 アバウトな位置    
  
家6:10→JR塚口駅6:33→大阪→鶴橋(近鉄大阪線 快急)7:17→大和八木7:47(Mちゃん車)→仏隆寺P 8:40 (トイレ 水)

駐車場8:50→高城山9:40(15)→三郎ヶ岳10:40(20)→(石仏群)→明開寺奥院宿坊跡11:30→鞍部伊勢本街道(石割峠ピストン)→袴ヶ岳分岐12:15(昼・30)12:45→(愛宕神社)→仏隆寺P14:00(寺 お茶)


駐車場14:40(M車)→大和八木駅(近鉄大阪線)15:41→鶴橋→大阪→JR塚口17:00→(買い物)→家17:30

電車賃 320円+540円 = 860円 ×2 =1720円


Mちゃんとのビューティ(!)山行
先週、曽爾の古光山から見えてた三郎ヶ岳を、ちらっと 候補に加えてみたら

ミゴト、 白羽の矢に中(あた)り、、、
「私 以前、迷ったことが あるので、、」 と、、

聞けば 「かの」しろくまさんでも(?) 迷ったことがある のだとか、、

ヘーッ こりゃぁ いよいよ持って チーの腕の見せどころ (^◇^)v

ガイド本 3冊を コピーして 準備バンタン やる気マンマン (^^)/

近鉄榛原駅から 日に数本しかないバス利用 かと思いきや
仏隆寺まで 車で入りましょう と、、、 m(_ _)m

6時過ぎ。 いつもより はるかに余裕の 門出やなぁ〜  

しかし 遅けりゃ 近鉄電車も想定外の混みようで 
下車直前に 菓子パン 丸呑み  ゴックン♪ (@o@)
、、、という 卒倒パターン。   (.>_<)   (卒倒=パターン ヽ(^。^)ノ


ツモル話に まみれていても 目的地へは しっかり送迎!
車 運転できる人って ほんま 天才〜♪ 
と、つくづく思う 今日この頃。(笑)

シーズンには ヤマザクラの巨樹が 駐車場を満杯にする仏隆寺も 
さすがに今は 閑散と、、、
あっ! オジサン衆 ご到着やわ、、、(−−#

巨樹にも ごじゃごじゃした「伊勢街道の案内図」にも 全く気づかぬまま (^^ゞ
右に折れ 車道を上って、、、

仏隆寺 背後の山に 黄葉(もみじ)かな、、、
茅葺屋根にも 照る紅葉

ゼッタイこれだけは! と リキんでた 音羽三山の山並みも 難なく見つかり
もぉー 何だか 前途ヨーヨー って 感じ (^^)v


おーっと!  『最初の辻を右へ行き・・・』 だったね と 慌てて開くガイド地図。

だが、、 
さっきから 「コース」 って 気になってる 道にベタベタ貼りついた「シール」
は 「直進 ですよー」 を 指していて、、、

「これ 何だろ?」
                                        
まさか 電鉄ハイクでも あるのかな? 
なら この 「コース」に従えば、
ゼンゼン迷わず 済むんかい!  チッ♪ (ー。ー;  いやいや、、、(^^ゞ


 
街道地図 (解読不可) (^^; モミジ 爆発 !  音羽三山 今回の 「キーワード」






ため池、ログハウスと過ごし、寺から30分ほど経った左手。
「三郎 高城 ⇒」 の 分岐。  もしやここが 小峠

なるほどねぇ
コース」 シールも ペタペタ♪と      分かっとるワイ! って感じに (笑)

では!
と、針葉樹林の笹 分けて、それが丸太の階段に、、、
左は 墓地かなぁ〜

やがて雑木とのボーダー。 それに続くは雑木林、、、と 葉っぱ踏み踏み、、

「ごぉ〜〜 急やぁ〜」
では ガクン♪と のろくなりながら、、、(^^ゞ

あっ こんちはー! 
ダブルストックの壮年が 会釈しながら 追い抜いていく、、、 

岩場のクサリ場 石柱(常夜灯?) などをやり過ごし、
ようよう視界が開ければ やっと来ました 高城山。

「わぁーい 着いたぁー」
池 そして ログハウス シールも ペタペタ♪ ガーン♪ プチ鎖場 登頂する Mちゃん

ウナギの寝床の 山頂は、
どこにも てんぼー てんぼー と、謳ってあって、、、

ふり返れば たしかに 山々が!  ヽ(^o^)丿

しかし、、、 前方には、、、  

うーん 台高側(東) は、、、ちょいガスガス (−.−#

と、先週 眺めていた こっちの景色を 思い浮かべて、、、 (−。−;

朝のオジサン3人衆も ワッサワッサ♪ と 追いついて
「あれはぁ  白髭とは ちゃうやろー」  とか、やっている、、、

ウナギ寝床の山上 奥へ 東屋まで行ってみて
やっぱし 高見(山)は ダメやぁ〜 と  (^_^;

では! 
と、3人衆より 先に発つ!
高城山 (^^)/

東屋にて

ひがしぃ〜 高見山ぁ〜 (^_^;/

くっ 下るのね、、、


東屋そばからササ道を、それが下りに、、、 植林に、、、

軽い〜 重い〜 と アップダウンを 繰り返しつつ 
、、、ってなコース 道なりに、、、

木々の間に間に 見る紅葉。
葉っぱを残す イワカガミ。 

どこまで下るねーーーーん  てな 鞍部まで やっと 下り立ち、

さーて これを登ったら三郎の山頂かも なぁ〜
と、見上げる尾根は はるか上。

「チーさん 先 行って!」
「い〜や Mちゃん 先 行って」
と、麗しくも ゆずり合い、、、 (笑)   

とにも かくにも 観念の登りに ガシガシと、、、

わぁ〜 
ふり向きザマに 高城山。
さらに 展望 広がって、、、

おぉ! ここ ビューポイント やん ヽ(^o^)丿

「いーや! こっちよ!」
よっしゃぁー     (^O^)/

「やっ! こっちやわ!」
よっしゃぁー     (^O^;/

、、、と、言われるままに 登りつめ、、、 (笑)

「うわぁ〜!」  

( ^^)Y☆Y(^^ ) ヤッタネ!

申し添えますれば、 そこは 山頂と呼ぶにはほど遠い 単なる「ピーク」だったのですが
谷の彩りが もぉ マジに スンバラしくて
すっかり 足止め 喰らっちゃって、、、(^^ゞ

15分間 大撮影会 & 大休止 でーす。

その横を さっきの3人衆が 「ゴメンよ〜」  
、、って 通り過ぎて 行きました。  (^.^)/~~~ 


鞍部へ キビシィ〜 ツルリンドウ♪ 撮影会場 (゚-゚)v
谷の彩り
  

いよいよ今度こそ 山頂だ! (^o^)/ の 激登に堪えること 数分で
はーい 正解! 三郎ヶ岳山山頂 でーす。  

、、、は なかなかの 原っぱ。
「潅木茂り 展望が遮られ、、、」 、、、ってな こともなく(笑)

3人衆やら 若い(!)父子が、お食事中。

「こんちは〜」

で、やっぱし 台高がガスガスなのを確かめて、、、、 (^_^; シュン♪

けど!
西側に広がる 景色やら 金剛 葛城ラインは 健在 (゚-゚)v   
モチ! 二上山とかも  *^_^*  

え〜と  11時前ですねぇ
お昼には まだ 早いですねぇ
と、甘いものなど口にして

「前は、ここで 北西に下りちゃったの、、、」 と おもむろに Mちゃん。

そぉ かぁ  と、 ガイド本に 目を落とし

(゚_゚) 、、、じゃぁ 下山路は こっちの激下りね。

しろくまさんは どこで 迷ったんかなぁ、、、

と、何やら 落ち着かず、、、

オジサンたちを 残し、 
親子連れの後に続いて 鎖の下りに 入っていく、、、


過激やぁー! 今から目指す 石割峠

袴ヶ岳

クサリ場下り・・・


まっ黄っきーの タカノツメやら コシアブラを 踏みしめて、、、 

ふと 左手に 「石仏⇒」

へぇ〜 
は、興味しんしん、、、 (゚-゚)/ 分け入れば、、、

岩上には 「いかにも!」 って感じの 磨崖仏。   
傍らには それへの跡も 点々と、、、
これを たどれば お傍に行ける?

で 滑るぅー 滑るぅー と 取り付いて (^^ゞ
大変 失礼なことを 、、、  スイマセン   m(_ _)m

石仏は、さらに奥にも 数体が、、、
なるほどねぇ〜

(゚.゚(゚.゚) と 歴史の重み 感じつつ

あらまぁ またまた 3人衆に 追い越されたわ、、、

道に戻って 下りきったら 木造家屋(小屋?)
その奥にも 小屋? (こっちは お堂だ!) 

たぶんここが 明開寺奥ノ院 宿坊跡だろー! (v^-゚) と
再び ガイド本を つらつらと、、、

「建物の右側から 小尾根を絡み気味に下って、分岐を右下へ下っても良いが
   沢伝いの小道から林道にでる」

分かった?
何度か 音読して みます、、、
ねぇ、、 分かった? 

分かんねぇ
分かんねぇよ なぁ〜 (^◇^))^o^(

わっ 見て! ここに  ちゃんと 「石割峠⇒」 って、 書いてあるヤン!

と 道標に 気つき、、 ヽ(^。^)ノヽ(^o^)丿

 「コース」 シールが 分岐 左側の 「血原橋⇒」 に貼られているのは 見ぬふりで、、(^^ゞ

オジサン衆の 後を追う。

わ〜い !(^◇^)!  もっと お傍に⇒ 日蓮上人 だった! m(_ _)m こっち 石割峠 ⇒
 
明開寺 奥ノ院宿坊跡



しばらく下って行きますと、、、
さっきのオジサン衆が こっちに向かって わっさわっさ 
登り返して来てるではありませんか、、、

あらぁ〜

「どーしたんですかぁーー 道 ないんですかぁーーー」

「やぁ 5分も行くと 明開寺本院跡 ってのが あるはずや けど ないからなぁ、、」

「でも 『 石割峠⇒ 』 だから 合ってますよ! こっちで たぶん、、、」
と、申しくるめて、、、わっさわっさ、、、 わっさわっさ、、、

と、15分ほど。 まだか、まだかと下りきり、

ついに 鞍部へと 下り立って、、、

 「石割峠⇒」
こっちだ! と、左折する 3人追って 今度は坂を ひた登る。

ここからは お伊勢参りの最短道として 使われていた 「伊勢本街道」
と、立て札も かけてあり、、、

、、、にしては ちょいヌカルミの世界 (´〜`;) 

7〜8分ほど、、、 あっ ありました! 「石割峠」 

わっさわっさ  ・・・通過・・・ わっさわっさ   

ちょぉ 待って! 何で ・・・通過・・・ なん? 
と、ここで再び ガイド本。

Mちゃんと二人っきりになり 
そういや さっきから道が 北向きに変わってるよねぇ、、、

(゚.゚)(゚_゚)

もしや あの 下り立った鞍部 「石割峠⇒」 が クサい、、、ん ちゃうやろか?
で、ここはクルリ♪と Uターン。

時すでに お昼過ぎ。
期待の(?) 明開寺本院跡 (どこが メーカイじゃ!)  というのもナゾのまま、、、
(※ 正しくは 「みょうかいじ」と 読みます。)

鞍部から 西に延びている林道を そのまま てくてく、、、

なーんか お腹 空いたねぇ

と、袴ヶ岳へ通じる細い分岐のところで 
座り込んで  もぉ ここで お昼にしよーー ♪  (^_^)/~

ポットのお湯をいただいて 味噌汁なんぞも。
へぇ〜 シジミなん? うちは アサリやぁ (゚-゚)ゞ

、、ってな、 互いの食卓を 垣間見しながら、、、(笑)

オジサンたち 今ごろ どないなってんのか なぁ、、、
明開寺奥ノ院 宿坊跡 から下る 鞍部で 石割峠⇒行っては×  石割峠 (∴ ここで Uターン した) 林道を 西へ

その後は、けっこう立派な林道に いささか戸惑いながらも
やがて 諸木野集落、、、

「正解! こっちで 間違いないよ!」
と Mちゃんからも 心強ーいお言葉を、、(笑)

のどかで美しい山里
、、には ツキモノ(?)の 愛宕神社

ちょぉ 寄ってこか? 、、、っちゅう 余裕まで。 (^^ゞ

集落入れば 分岐多々。 当然 そうですよねぇー

まぁ 「伊勢本街道」 さえ 歩いていれば、、、
、、、と従っていても 何でか道は  民家の庭の中へと、、、 (゚.゚)(゚_゚)?

で、もう すっかり 「ガイド本」 とかは ホカっちゃって、、、(^◇^;/~~~


あれぇ〜 
と、追いついてきたのは 朝 会ったっきりだった ダブルストックの壮年さん。

「どこ 行ってはったんですかぁ〜 」

「いやぁ まったく 酷い目にあいました。 道に迷って ボク 国道まで出ちゃって こりゃあかんわ と 引き返して、途中 親子連れにも会ったんだけど 彼ら 国道から 大回りしますわ、、 とか言って そのまま、、、」

オジサン衆には 会われませんでしたか?」
「はぁ さぁ、、、」

と、朝の小峠 ログハウスなどを 過ごして ついに 仏隆寺 駐車場まで。

まだ早いし せっかくだから、、、
と、仏隆寺の 桜 (枝ぶり オンリー) とかも 観賞し (笑)
お湯を沸かして ティータイム♪

戻ってきてから かれこれ40分。 
「そろそろ 帰りますかぁ〜 」

と、車に乗り込んだ、そのトタン!

わっさわっさ わっさわっさ、、、、

「あれぇ〜 オジサンたちや! 帰ってきたぁ〜」

「あんたら 石割で 引き返したんやろー わしらそのまま 村まで下って 人に 道 聞いたら、ここ行ってもたら 室生寺でっせー とか云われて もぉ オドロキや、、」

ハッハッハッハッ  (^◇^)(゚-゚)(^_^;    

ハッハッハ   (^o^)(^.^)/~~~
集落の端に神社 、、その境内の コマ(った)犬! 情緒 たっぷり〜 仏隆寺にて

お仕事 ご苦労さまぁー


運転 画像提供 ありがとう!


 トップページへ