FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

【大台ケ原】

8月17日〜18 (金〜土) 晴れ

標高1695m 歩行時間(約)9時間40分  

Mちゃん ・ チー

地図・・・・ ← アバウトな広域地図    

        ← 大台ケ原の地図  が駐車場 (大蛇ーが2ヶ所?)

 ← 大台ケ原HP    ← 西大台利用規制


家19:10(車)→JR塚口駅19:31→大阪→鶴橋(近鉄大阪線 区間快速)→大和八木→橿原神宮前20:50(Mちゃん車)→R369→大台ケ原ドライブウェイ→大台ケ原駐車場22:40(仮眠)

駐車場4:20→日出ガ岳5:00(ご来光)→駐車場6:00(休 食事60)→(東大台)→大蛇ー8:20(30)→正木峠10:00→駐車場10:35(休 食事50)→七ツ池12:40→開拓跡13:25→展望台13:55(15)→(休)→駐車場16:00

駐車場16:15→大和八木駅18:52(準急)→
鶴橋→大阪→JR塚口20:25→(買物)→家20:55

電車賃: 往路 320円+610円 = 930円
復路 320円+540円 = 860円
=1790円

大台ケ原なら 涼しいよね。
早朝からなら なおさらよね。
9月から規制のかかる西大台なら さらに行きたいよね。
 
いろんなことが重なって、
Mちゃんとの8月山行は、夜発、ご来光狙い、、の、大台ケ原になりました。

でも
お水はある? 夜は寒い? 日の出は何時?
分からないこと尽くめ、、

だって大台ケ原って
2004年に wolfgangさんの三津河落企画に参加して以来。
東大台に至っては もう10年くらい昔に、たった一度キリ、、になりますか、、

お任せ!
お水もタオルケットも 全部 車に積んどくから!

かたじけない、、m(_ _)m

・・・・・・・・・・・・・・・・

晩ご飯を6時に食べて、ザックを背負って 橿原 着いたら夜の9時。
それからM車で真夜中ドライブ
全長20`ものドライブウェイを クネクネ、、クネクネ、、

あっ 鹿!
またっ!

Mちゃんが 時たま上げる叫び声を、ほとんど寝物語で聞き (^^ゞ

駐車場着23時

大砲サイズもある天体望遠鏡が、ずらーっと居並ぶ広場の中を、ライト照らして 一回り(笑)

車外に出れば
冷ぁ〜 ふわぁ〜 涼しいぃ〜♪

えーっ! なにこれ
すごーい! 
落ちてきそうじゃん!
感動やなぁ

ってな☆空 満天!

\(^o^)/

しかし ワシ 寝るぞ!
シート倒して 即 爆睡 ZZ・・・

3:40

ガバッ!
目覚しの、1分前に 目が覚めた。 (^^)v

バタバタ準備し 一路 展望台まで
 スタスタ スタスタ

当然 真っ暗だけど 充分 整備されてる散策路
虫も集らず 蹴躓かず ゆ〜ゆ〜歩ける
快適〜♪

おっと急ごう! 明るくなってきた。
日の出は5時過ぎ、、それまでに着かなくては、、、

4:47
展望台

うーん 太陽は左の隅っこなのかぁ、、、(汗;


よっしゃー 上まで上がろう!
間に合う?
大丈夫! こうなってからが 長いんだ、、

ひぃひぃ はぁはぁ
低血圧には階段 堪(こた)える、、、頭が首から ちぎれそう、、

(´Д`;

あぁ〜 やっと着きましたぁ。

案の定
山頂の展望台 東の手すりは黒山
だけど、、、

ちょっとすんまへん
何すんねん このオバハン
宜しいやん、ここ 空いとる ちょいゴメン、、、、ヒッヒッヒ、← ほとんど魔法使いのオババ!


わぁ〜 始まったぁ \(^o^)/


いやぁ〜 熊野灘がうっすら窺え はるか彼方の水平線から明々と、、
海からのご来光 ってのも
また格別
我〜は海の子〜♪

サメザメ(^_^;

写真 撮りましょか?
えっ そうですか、、じゃぁ お願いしようか、、

あっ もう一枚、、いや もう一回、、やっこっちがいいかな?
やぁ ご親切に どうもどうも

今の人 さっき 睨んでたオジサン だった。
うっそぉ!

ご来光 明けてしまえば みな兄妹 ←ほんまか

安眠 あみん?

振り向けば 奥駆の名峰が ずらりーーーーっと 勢ぞろい。

あれは、、かつてwolfgangさんが 家族のように紹介していた山々であり
Mちゃんと 踏破してきた山々でもあり、、



懐かしかぁ〜

このまま
東大台を周るつもりだったので パンとか 持ってるんだけど
やっぱし ひとまず 駐車場に、、(^^ゞ

Mちゃんの ヤカン登山


さすがに車は増えてます。

さっそく
ゴロゴロ水で入れた コーヒーよばれて
m(_ _)m

1時間ほど ゆっくり寛ぎ♪、、、といってもまだ6時台だし。 (^_^)v

こっちの方が楽、、という Mちゃんのススメで
今度は左周りの東大台
ということに。

まずは下って どんどん下って
シオカラ谷の吊橋

それから登りに
シャクナゲトンネル、リョウブの小径
時おりチラチラ 大峰奥駆、、

オハヨー 行者還岳 釈迦 大日山
シオカラ谷 吊橋 ツクシシャクナゲ トンネル リョウブ



分岐を左折、、そのまま下って 300m
岩場に上がれば

うわぁ〜
眼下 目もくらむほどの 断崖絶壁!

\(@_@)/

そう!
ここは 東大台のハイライト 絶叫&絶景ポイント!
泣く子も黙る

大蛇ー

岩を伝って ソロ〜リソロソロ
クサリつかんで ソロ〜リソロソロ

私 もう ここに居てるよぉ
えっ 来ない? ここからがオモロイんだよ、、ハハ

うわぁ〜(@@;


いやぁ〜ん ここなら (^^)v 自分とジャンケン 足 上げんかね?
大蛇ー


上の岩にも上がってみたり、眺めてみたり
だーれも来ないので
ついに30分も!

大蛇ー 満喫じゃぁ♪

分岐に戻って、笹原広がる 石畳を踏み

デッカイ石碑

「おぉっ 神武天皇だ!、、鷹狩り像か? ちゃう 烏だ!」
かの有名な 八咫烏(やたがらす)

やっとる やっとる! シロヤシオの紅葉
神武天皇像 笹原


イトザサ縫って、正木ヶ原へ。

尾鷲辻までで もう 駐車場に帰るつもりだったけど
あまりに良い天気!

せっかくなので、そのまま展望台まで延長しよう、、ということに、、

正木ヶ原
それまでの樹林帯とは一変して
紺碧の空に ぽつん ぽつんと 映える立枯れ。

いつ付いたんだろうー ってな ま新しい木の階段が 正木峠まできれいに伸びて
それを 調子よく タンタンと登れば

海と空の間で
いよいよ 白骨化した林が
蒼然と。

立枯れのトウヒ群
伊勢湾台風(昭和34年) で 海からの強風をもろに受け
なぎ倒されたり、立ち枯れになったり、、

50年近く経った今も
その哀れな姿を とどめたまま、
木々の成長でさえ、あまりに緩(ゆる)やかで

時を止め
かの台風の 凄まじさを今に伝えて。

登るほどに
伊勢湾、熊野灘が どんどん広がる、、、


大峰の山々 熊野灘 彼方に日出ガ岳
正木ヶ原 正木峠


正木峠で下り道に変わり、展望台から左折して
朝の道を 駐車場まで。

かくして
アミューズメントムードたっぷり
東大台は
めでたく ジ・エンド。

駐車場 10:30

ちょっと お腹すいたね。

ここからがメインだもんね。
!(^_^)!

実は Mちゃん
西大台は未踏 らしい。

チーは ツアーで一回 来てるけど、、
それがまぁ

登る気マンマンでバスを降りたら、展望のない林の中を ただただ下り
下って下ってどんどん下って ついに小処温泉まで、
お風呂をもらって そのままバスで帰路に
途中
無理やり食べたお蕎麦に中(あた)り
真っ青な顔して都会に放り出され、、後は這うように家にたどり着いたら 即 キゼツ、、、(>。<)


と まぁ 最悪のシナリオだったもんで もう二度と行くまい!


規制のおかげで 来れましたぁ (^^ゞ
ハッハッハ

                人生いろいろ〜♪ ← こういう時に使うんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

昼食を 軽く食べ
Mちゃん特製 キンキンに冷えたお茶を たっぷりと背負い
いざ! 第二段

11:25 出発

ツアーバス!
メインゲート


うわぁ〜 バスが3台も来た!
西大台ハイクだって

(゚.゚)(゚o゚;

急がなきゃ!
でもまぁ 即 行動開始、、、ってこともないだろう、、、

大台教会から 足裏お掃除マットを踏んで
いよいよ鬱蒼とした林の中へ

ちょうど 陽射しの強くなる時間帯
林の中でウレシイ
みたいな

大台教会 タネ除去マット


間もなく河原
清き流れに 飛び交う トンボ
結実しているバイケイソウ トリカブトの紫花も ヒラ〜リヒラリと風に揺れ
童心に帰って、、戯れる。

近くに 大台ケ原開拓の父「松浦武四郎」の碑がある?
けど
広場は その跡を残すのみ。

記念の碑は ずっと上、、、らしい。

ハッチョウトンボ? カワチブシ
ナゴヤ谷 渓流


ドライブウェイに接近しながら

いくつかの沢を渡り、涸れ沢も渡り

歩き始めてかれこれ1時間

ガイドには 「七ツ池まで45分」 とあるけれど、、、

あぁ もう すぐ先ですよ。
逆コースからの人に 教えてもらって。

七つ池
でも 実際には池はなく、窪地になった湿地がいくつか、、
それも どれだか よう分からんけど
(^^ゞ

やがて、車の音も遠ざかり
鬱蒼とした林の なんの変哲もない中を
ただ黙々と歩いて

着生ランとか、生えとらんなぁ〜

時おり風が スーっと流れて

立ち止まって 汗を拭い 天を仰いで
はぁ〜

見上げる古木も やっぱり鬱蒼(笑)
 深いため息を ひとつ
そして
また、歩き始める。

苔むした原生林
それは
深くなることも、明るく開けることもなく

どこまでも 続いていくかのように広がり、、、

渡渉だ!
やっと 遊べるね♪


コケの・・・ ・・・饗宴 うわぁ〜 枯れとる! お待たせしました♪
原生林 カツラ谷


開拓跡 13:25

明治の人は、この不毛の地に野菜を持ち込み 開拓しようと試みて
かの弘法大師も、社寺の建立を 試みられて。

高野谷は その名残。

ワサビ谷では、飛び石 渡渉、、

いよいよ
三叉路を右折して
唯一コースで 景色の望める展望台へと 上がることに、、

ここから40分とある。

実際には20分弱で着く、、と思います。(笑)

ズーム 西ノ滝?
展望台


その展望台

東ノ川の谷を挟み
山腹にゴツゴツと そそり立つ大蛇ーを
はるかに眺め

その下が不動返しーで〜 そのお隣りが蒸篭ーで〜

大台をトクトクと語るオバサマの声に、一時 耳を傾けたり。
(笑)

あそこから ここまで 歩いてきた、、、
大台を歩き通したね。

・・・・・・・・・・・・・・

かくして
分岐まで 戻ってきまして、、

「あのぉ〜 ツアーの方ですか?」
「いいえ」

そういえば ここまでツアーの団体さんに会わなかった。 自由散策かな?
展望台へは 来られなかったか?

吊橋を渡り
ゴロ石の急登を 喘ぎ喘いで
小休止

吊橋 イナイイナイ ばぁ〜
右が、下太りのミズナラ モスフォレスト?


一日中 歩きまわってたけど

ほんまにここは、日本有数の多雨地域か?

             疑いたくなるような快晴で、、、 (^^)v いつものことさっ

マイペースだから、ゆっくり歩けて
酷暑の夏に
すっかり さっぱり リフレッシュ♪

見て! きれいやぁ〜
ここもまた 感動の渓流で、、

ちょっと 休憩していきます?
(^^ゞ

名残は尽きねど、、、


運転 画像提供 ありがとう!

【出会った花】

ミヤマママコナ オトギリソウ ヤマトウバナ? カワチブシ ミヤマカラマツ


〔おとぎりそう科・・・オトギリソウ サワオトギリ〕
〔ががいも科・・・イケマ〕
〔きんぽうげ科・・・カワチブシ ミヤマカラマツ〕
〔ごまのはぐさ科・・・ミヤマママコナ〕
〔さくらそう科・・・コナスビ〕
〔しそ科・・・ヤマトウバナ テンニンソウ〕
〔せり科・・・シシウド?〕
〔ゆきのした科・・・ノリウツギ ツルアジサイ〕
〔ゆり科・・・バイケイソウ ツクバネソウ〕
〔りょうぶ科・・・リョウブ〕

 トップページへ


※ 出会ったツアーは 8月いっぱい連日企画 西大台9`コース ¥5980 サン○イ旅行会
(Mちゃん リサーチ)