家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

【蛇谷ヶ峰】 
  
9/01 (土) 曇りのち晴れ

 標高902m 歩行時間(約)4時間 

しろくまさん・チー

地図・・・・ ← 蛇谷ヶ峰の位置

     ← 朽木いきものふれあいの里 HP  

家5:40→しろくまさん家→豊中6:05→京都東6:35→湖西道路→真野
→R477→R367→想い出の森グリーンパーク7:40


駐車場7:50→カツラの谷(撤退)→与市谷→蛇谷ヶ峰山頂10:50(昼休)13:10→釜ノ谷→駐車場14:30

想い出の森14:40→京都東15:55→豊中16:30→しろくまさん宅→家17:10

高速代 1600円 ×2 =3200円
ガソリン代 =1700円


ひと月半ぶりに、しろくまさんと予定が合った。

でも
山も人も、お天気も、、とても中途ハンパな時期

さらに
天気予報 急変!
明日(土曜)に変更しましょう、、、とかにしたもんで

もう大変!

「どこに します?」
前日金曜 寝るようになった頃、、、退社中のしろくまさんから電話がかかる。

「どーしよう」
お互いを気づかって(?)、第一候補の米原とか六甲とかを、外すもんで(笑)
よけい決まらん。

「あら 着いちゃった」
ついに 会社から帰宅されるまで ずーっと携帯で話し続けて、、(^^ゞ

「もぉ 蛇谷でエエかっ」
なーんて
薮から蛇? 瓢箪からコマ みたいなオチ(?)が、ついてしまった。


2年前


蛇谷ヶ峰は2年前の初夏、ミツとしろくまさんの3人で カツラの谷に入り
シャンデリアのようなオオバアサガラの「美」に ぐわ〜んと仰け反り 
チューチュー戴く
キンキンに冷えたチューペット

その 美味しかったこと!

でもその後
バテバテの山頂はガスガス、下山時にはザァザァ降りにやられ

いつもながら(?)のハプニング!

ここんとこ とんと ご無沙汰してしまっている。

今日は あの日の再現ドラマを期待して
チューペットを、しっかり担いできた。

(^^)v

・・・・・・・・・・

夏のツモル話に 花を咲かせ
あっという間に湖西道路
あっという間に登山口 いきものふれあいの里に着く。

さすがに朝の8時前から てんくうの湯を使う人はなく
駐車場は閑散。

少し蒸すけど 熱帯尼○より はるかにマシ

涼しい内に出発。

しょっぱなの
迷路のような自然観察ゾーンから 何とか脱出し
一旦下って オグラス橋まで

そして
清涼感満点♪ の カツラの谷へ入っていく。



\(-o-)/
てんくう前 駐車場 オグラス橋 橋の上から 道標 完備


あらっ? カツラの谷 通行禁止なの?
と、
まるで他人事のように そのままかまわず沢道へと、、

だが
軽い渡渉のところで ついに厳重なる通せん坊

・・・通行禁止・・・

バシーン!

\(@o@)/
カツラの木


あらまぁ、、
こ、こりゃ ダメですねぇ。

どうしょう、、、

変更するなら武奈さまか?、、、くらいしか浮かばないけど、、

ま 武奈だったら 願ったり叶ったり。
だけど
しろくまさん、今から気持ち 切り換わる?

(゚゚)(゚_゚)

もう、このまま蛇谷にしましょうか、、未踏のルートも ありますし、、

いきなり、、、今日のクイズです〜
分岐


マツカゼソウばかりの咲く植林帯を経て
ブナやコナラの雑木林

ジグザグに 縫いながら

ピーピー鹿の 鳴くのを聞いて。

時おり
さーっと 涼風〜♪

はっ 涼しい〜〜

足元には
ポツン ポツンと ヤマジノホトトギス。 谷筋にはクサギの花

まぁ それなりの急登です。

ベンチ! 休憩休憩!
涼しいとはいえ、やっぱ体力を 消耗しているようで、、、

しろくまさんから さっそくにゼリー
チーは
モチロン チューペット。

感じの良い林 ヤマジノホトトギス デカッ!
与市谷 マツカゼソウ クサギ


ベンチを後に、、すぐその先から丸太階段

あらら
もう 始まっちゃったの?、、の蛇谷名物 丸太怪談! 階段

登っても登っても 次から次へと現われる。

釜ノ谷コースと合流し
それでも続く階段道

一群、越えて また一群

丸太は続くよ どこまでも♪

2年前 夕立の時 雨具をつけた所は ここでしたっけ?

(中略)

いやっ ここですわー


山頂から かなり下。

ってことは 山頂は まだまだずーっと上?

\(-o-)/

ただでさえ急な斜面に 無理やり丸太
もう
段は高いわ、息は切れるわ

あぁ〜 ベンチやぁぁぁ〜〜

へたり込む。

お腹すいたぁ、、

後15分くらいで山頂ちゃう?

なら お菓子にします。

しろくまさんは、ガサガサとチョコに飴を取り出した。

これ
南アルプスの残りモンですけど、、

えーっ!
、、ってことは、南アルプスを 越えてきたお菓子?

そりゃ
戴かなくては (^o^)/(笑)

まだまだ続く カツラの谷分岐 これは アラカワダケ かも?
丸太階段 展望台 南アルプスの香


かくして
最後の登りも 南アルプスパワーで 乗り切り

スキー場分岐を経て
 ついに山頂。

10:50 登頂

あらぁ〜 景色やぁ〜〜〜ん

\(^o^)/

奥琵琶湖 竹生島 高島町 琵琶湖 近江八幡(奥島山)
リトル比良
武奈ヶ岳

正面に 武奈ヶ岳
左手眼下に 高島町と琵琶湖

湖面には竹生島と湖北の半島、右側にリトル比良と 奥には近江八幡


蛇谷ヶ峰は 今日が三度目、すべて晴れ だった (^^)v
けど
いつもガスに覆われて こんな展望、見たの初めて。

(゚.゚)

いやぁ〜 こんなモンが 隠れていたとは、、
ねぇ〜

あっちにも 行ってみましょう。
と、
北側に周れば、、、

ずらっと山並み どれがどれだか、、

あれは 百里?
、、、ですかね?  \(^o^)/ 

あっ 青葉山も 見えてます。

わっ ほんまっ!

\(~o~)/




ズームで青葉山
西 北西 眼下 朽木村


琵琶湖に向いて、ちょっと早い お昼♪
ゼリーも戴き

ねぇ
さっきより景色 クッキリ、、してきてない?

えぇ 鈴鹿はかなり、、、伊吹もどんどん

かすかに見えてる、、雨乞 綿向、、

あれはぁ〜 
三上山と ちゃうかな?

はぁ それは、さっきからずーっと見えてます。

\(*o*)/

伊吹山 三上山


こう見ると
チーさんも けっこう色々 登ってはりますね。

ハハ そーかも (●^o^●)

あらっ もう1時!
えぇーっ
いつの間にか 2時間も経ってるぅ〜

そういえば
単独の男性 若いカップル 若くないカップルなど、入れ替わり立ち替わり、、
そして 今はもう 誰もいない。

僕らもそろそろ 下りますか。

今日 蛇谷の登山者は たったの10人。

わずかなものにも 展望を 惜しみなく振る舞って

「蛇谷エエ」が ついには 「蛇谷エエ」と言わせるほどに、、、

そんな蛇谷は やっぱし ええ山 ジャったにぃー
なんちゃって(^^ゞ

ぐんぐん下る釜ノ谷。

こちらも 手強い 階段道!

これさえなけりゃ 最高なのにぃぃぃ、、(笑)
休憩ぇーーい!

やっぱし階段道 反射板の方が高い?
釜ノ谷ルート 無事 下山


運転・画像提供 ありがとう!


【出会った花たち】

少なかったですけど、、一部を 紹介します。

ノアズキ ベニバナボロギク ダンドボロギク ヨシノアザミ ハシカグサ

〈科別 リスト〉

〔あかね科 ハシカグサ〕
〔きく科 シラヤマギク、ベニバナボロギク、ダンドボロギク、ヨシノアザミ〕
〔くまつづら科 クサギ〕
〔しそ科 ミカエリソウ〕
〔つつじ科 ホツツジ、〕
〔ふうろそう科 ゲンノショウコ〕
〔まめ科 ノアズキ、〕
〔みかん科 マツカゼソウ〕
〔ゆり科 ヤマジノホトトギス〕

 トップページへ