FX自動売買
禁断のケーキ
恋活
家電バーゲン

【鬼ヶ牙〜御所平〜臼杵山】

12/24 (月) 曇りのち晴れ

標高 約488m 850m 630m   歩行時間(約)6時間40分 

しろくまさん ・ チー 

地図・・・・ ← 「↓」 が 鬼ヶ牙 「+」 が 臼杵山


家(車でお迎え)5:20→しろくまさん宅→豊中IC5:45→栗東6:20→R1→(コンビニ)
亀山バイパス→R302→石水渓谷キャンプ場→舟石林道分岐P8:00


駐車場8:10→(分岐点)→鬼ヶ牙9:10(10)→長坂ノ頭10:15(15)→大岩(県境稜線)→御所平11:50(昼40)→舟石13:35(10)→臼杵ヶ岳14:30→臼杵山15:00→駐車場16:00


駐車場16:10→(コンビニ)→R1→栗東IC18:05→SA→豊中19:00
→しろくまさん家→家19:40

高速代 往路  1100円 
      復路 1850円
      合計 2950円
ガソリン代 2478円   144円/liter

不覚にも風邪を引いた。

考えれるのは3つ
@風呂から上がってもすぐに寝ないで遊んでた。
Aお布団に入っても肩出して遊んでた。
B風邪引きさんと同席した。

今回のは@だ、、(−−;

「、、というわけなんで、最悪、家に来てもらっても、、独りで車にお乗りいただくかも、、」
「まぁ 南鈴鹿ならいろいろランク、選べますし、、とりあえず候補 あります?」

「鬼ヶ牙」
「はぁはぁ」


三上山6時半通過、、、
冬至とはいえ、前回、青岳の時より、はるかにマシなお空、、ではござらぬか、、、と
そういやまだカボチャ 食ってないぞ、、と。

あっ 今日も不吉な虹がぁー
ゆ〜てる場合か 分岐だよ分岐! 11号線だけはご勘弁(!)

と亀山バイパス

「おっ! 『いしみず渓谷』 しっかり表示 ありますやん」
「あのね 普通は 『せきすい渓谷』 って読みますね、、」

あぁそーかい(^◇^)ゞ

とか 向かってる間にも、風邪も共に去りぬ、、?

ビビアンリーみたいね (^_^)/~ えぇよく言われる

鬼ヶ牙!


完成間近の第二名神、くぐり抜け、黒々とした鬼ヶ牙だー!
ググーッと眼前 迫ってきました。

さて、
本日の駐車場は石水(せきすい)渓谷キャンプ場を過ぎ、しばらく行って左手、橋を渡ったところです。

狭い広場でUターン

しかし
何でここに臼杵石が? と、よぉ分からん表示のある斜面は、下山に使う予定で、、

私らはこちらへ


おっ あそこに滝が あるねぇ
ホンマですねぇ〜 しかし、エライ酷(ひど)いヤブやな、、これまた、、

(>。<)/


こんな時、急いで開こうガイド本 ナニナニ(。。;

「いきなり山腹の急登がはじまるが、、、」
はじまってナイですなぁ全く
うーん

つまり我らは踏み跡につられ ついうっかり安楽谷を詰めておったようでした。(汗;


回れ右して薄い踏み跡をたどり、尾根の方へと修正します。

臼杵山 御所平方面   長坂ノ頭


尾根に上がれば
ぱっと開けて 何ごともなかったかのように
本日の周回コース全容やら
眼下に出来かけピカピカの東名神が すーっと延びていて
間もなく光った伊勢湾も、、、

ダイナミックなザレ場を過ごして道は穏やかに
そしていよいよ分岐点、、、ご丁寧にも表示も付いとる。

鬼ヶ牙→
ザレ場から臼杵山


本命の鬼が牙へは一旦下って、コブ一つを越え、
松のヤセ尾根を伝い 再びエッチラ登り返して 10分ほどのところです。

念願かなって 初登頂〜!

\^o^/


お隣りの八重歯(牙?)みたいな岩稜に、直登コースからのカップルが、、
その向こうにはかの高速道路
眼下には林道も走っています。


分岐まで戻ってきまして
さーて
これから先が長そうですけど、、、体調 行けそう?
うん 行けそう、、、朝のヤブのおかげかも(^^ゞ

とか言いつつも
不安げに見やる今日の稜線、、、

やぁ〜 まだまだずーっと先やなぁ

ゲホゴホゴホ(゚_゚; ←にわか病人

光る海♪
鬼ヶ牙 側面 


痩せてるけれど、よく踏まれてる尾根
鞍部に下りれば大岩の壁、、えっとここは左から巻く、、

という感じ
再び始まる急登に喘いで
登りきったら尾根伝い、再びヤセ尾根、急登が続いて、、、

お次の大岩、右から巻いて、、お次はな〜に? また急登かい!

もぉ〜なんちゅうしんどい山ですかぁ〜

しろくまさんはキレている(笑)

長坂ノ頭 \(^o^)/
急登の連続 臼杵山 臼杵ヶ岳 直前の大岩


長坂ノ頭からは、仙ヶ岳がチラチラ見えて
そのすぐ先のザレ場から、さらにバーンと仙さまステキ♪

なかなかエエですねぇ チーさんチョコ食べます?

しろくまさんは 掃除双耳峰フェチ
あっという間に上機嫌

食うぞー (^O^)/

眼下、、、白船谷
仙ヶ岳 御所平の尾根


それから先は、仙ヶ岳を見やりつつの登りです。
あの はるかかなたの稜線 向かって

もうだいぶ来てるんとちゃう?
やぁ〜 どうでしょう?

しろくまさんの予想通り、それからの道のりの長かったことキツかったこと(笑)

〔ガレ場の縁を岩間を縫えば、、コース最大の難所へ〕

こういう所はエキサイトしてるし、エエンですけど

ぐわーんと下るとお次は登り
登りに登れば
下りに下る。

目指す稜線、どんどん高く、、、

しんどいぞー

再びキレるしろくまさん(笑)

さりとて
無情にも また始まってしまう激登り
登ったと思えばまた下り
そしてそして、お次は登り、、
登って登って急登が続いて

真横になった御所平、、
けど
なかなかそこに届かない

もしかして私ら、最深部まで詰めるんとちゃうやろか?
うーん

もう尾根に上がっても御所平はパスですなぁ
はぁはぁ

後で思い返しますに、、その時の言葉 録音しときゃヨカッタな、、、と(笑)

下れば高く あれかぁ〜


最後の大岩、、息切れしてきて、登りきれずに右から巻いて、、

かくしてやっと
分岐に飛び出し 「←舟石」
わぁ〜 着いたぁ〜 ヤレヤレ

じゃぁ 「御所平→」 へ。

ゲッ! うっそぉー

だって、仙さましかまだ見てませんもん

いや確かにそうだけれども、、、野登も見たしさブツブツ、、、、おっ おーい 待ってくでぇ〜 (^O^)/

仙ヶ岳 野登山 長坂ノ頭


そうそう、ここからのベンケイさんって とってもハンサムだったのでしたね。



、、なんちゃって ホッとしたのもつかの間で
そこからはじまる御所平までの登りのキーツいことキーツいこと!

なんで、こんなん登らなあかんねん!

チー 逆ギレ

た、たしかにイブネの坂より キツいっす

そおじゃわっ! ブチギレ(ー。ー#

それはわずか10分余、、でしたが、山坂を攀じ登ってきたこのひ弱な身(?)にすればまさに死闘!

チーさんチーさん ほら あそこ 鎌さまが、、(汗;

やぁ〜

(●^o^●)v

登りきったら
さすがにここは鈴鹿の奥座敷!
御所平を挟んで
左に鎌さま、御在所、かのイブネ、雨乞 綿向 そして琵琶湖など、、
右手には、仙さま そして野登山。

今日の鈴鹿は上モノです! みごとな転身!(^^ゞ

      

ところところで
お昼のサイレン お腹と共に鳴っていますが、、

寒風 防げる木の間に隠れ、今日もいただくしろくま特製マーボー春雨、、、なんと美味!

小口切りネギとかあればさらに、、、
うっ 忘れた!(>。<)ゞ

そうです
イブネにも再会できた、、今日はイブね。

ありあわせだけどゼリーケーキ 作って祝おうクリスマス♪

(。。;!

わぁ〜 ひっくり返しちゃったよぉ〜


いいですよ、ボクのん半分 取ってくれたら、、

ほーか(゚_゚;

イブね!
メリークリスマス!


何といっても、眼下に尖る長坂ノ頭、、、、その下チラっと鬼ヶ牙
あそこから登ってきたんですねぁ〜 
おぉ〜

しみじみと感慨にお浸りあそばし、、、

長坂ノ頭


そして我らは今より 何の迷いもなく♪ 舟石へと向います、、そう!
前回の屈辱を晴らすために (^O^)/

舟石
しろくまさんは毎回、スイスイ立ちはりますが (そういうのフツーじゃないと思います/笑)

この小岩
下見りゃ断崖絶壁で、そうやすやすとは立てまへん!
ちなみにチーは前回 岩上で座り込んでもて、
後ろ向きで
ぴーす(^_^;v

大丈夫 立てますよん!

さぁ お嬢さん やったんさい!


くっそー!
そう! この瞬間のために わたしゃ 今まで余力をたくわえ、、

やってやろーじゃん!ー(゚-゚)ー

ガンバレー!


どーもお騒がせしました。

m(_ _)m

これでもうしばらく 舟石は エエっす (^_^;

・・・・・・・・・・・・

舟石の先 ベンケイへの分岐は直進し、どんどん下って鞍部まで。
登り返して短い笹尾根
左手には、パーフェクト仙さまも。

みごとな双耳峰!


鹿避けフェンスに足 引っかけながら ガレ場を登り、、
安楽峠への分岐

ここはそのまま安楽峠へと進み
ベンケイの尾根を見やりつつ、まずは臼杵ヶ岳へとたどり着く。

ベンケイ


分岐に戻って県境稜線と分かれ
ガレ場を下って登り返せば樹林帯の臼杵山。

さっきの臼杵ヶ岳


ややこしいなぁ〜

なんで臼杵山と臼杵ヶ岳があるんですかねぇ〜 
しろくまさんのご言い分もごもっともなれど
とにかく名物岩へ向かいましょう。


この界隈ではちょっとは名の知れた(つまり臼杵山の由来になった)「臼岩・杵岩」へ

あった!
さっそく登るしろくまさん。

でも、、
チーさん 登ったら危ないですわ 岩ぐらぐらだ。
ふーん

これが臼? 杵はどれや?
さぁ〜


さらに進めば、、

な、なんと!
そのちょっと先にも、さらにデッカイ岩群が、、

あぁ これだよ ワハハ
臼杵石

岩からの展望抜群で、今日の御所平から鬼ヶ牙、、伊勢湾までが見渡せる

に〜(゚-゚)v

臼杵岩 鬼ヶ牙 伊勢湾


正面のガレ場をがんがん下ります。

見晴らし満点 スリルも満点

この感じ
チーのお好み ありし日の(?)北摂 大岩岳に似ています(笑)

そうする内に樹林帯

鬼ヶ牙が目の高さになり
それでも下り
どんどん下って、、やがて流れに沿うように、、
窯跡を過ぎ
シダに覆われた小路になって、、

いやぁ こっちからを登るのも大変そうでしたねぇ。

眼下にやっと林道が!
出ましたぁー

ところで ここどこやろか? うーん(゚.゚;

窯跡 林道に飛び出す!


運転 画像提供 ありがとう! 来年もヨロシク。


 トップページへ