FX自動売買
恋活
家電バーゲン
放射能測定器

【高畑山 そして、、かもしか高原】

1/6 (日) 快晴

標高 約773m   歩行時間(約)3時間45分 + 40分

しろくまさん ・ チー 

地図・・・・ ← 「↓」 が 高畑山


家(車でお迎え)5:20→しろくまさん宅→豊中IC5:45→栗東6:20
→R1→(コンビニ)→鈴鹿峠 駐車場7:40


駐車場8:20→鏡岩→ナイフエッジ9:20→高畑山9:50(20)→溝干山10:50→
(ピストン)→高畑山11:15(昼)12:50→ナイフエッジ→駐車場14:05


駐車場→安楽越14:40

安楽越14:45→かもしか高原15:05(15)→安楽越15:40

駐車場15:45→(コンビニ)→R1→栗東IC17:15→(事故渋滞)→豊中19:00
→しろくまさん家→家19:40(車庫入れ♪)

高速代 往路  1100円 
      復路 1850円
      合計 2950円
ガソリン代 2310円   144円/liter


昨年の11月末から ずっと 栗東IC〜1号線の 「南鈴鹿かよい」が続いてまして、、

「ええかげんで 場所変えななぁ」
とも思うんですが、、

そろそろ雪山とか?

「うーん でもやっぱし 『あいの土山』が エエなぁ (^^ゞ」

寒がりの根性ナシ! は、もうトドロキわたっておりますが、、
「この期に及んでまた低山かい!」
すんまへん m(_ _)m

というわけで
近畿一円快晴の予報をモノトモセズニ(笑) 今回またまた鈴鹿南部、、でございます。

・・・・・・・・・・・・・

3月並みの気温になる、、との期待いっぱい、いつものように一号線を東進し、、

三上山


「さっぶぅ〜 外、−3℃でしたわ。」

ほぉ〜

鈴鹿峠に分岐なんかありましたっけ?

さぁ〜

たしか、対向車線が分離して、、鈴鹿トンネルの直前、、、こっ これかい!

こつ然と現われた登山口への右手分岐に 奇跡的に入れまして、、
ホッ

おかげおかげの駐車場着7時半、、

早過ぎーーっ!  と思いません? たしかに(^_^;

あたり一面の茶畑の、、、、葉っぱにビッシリ霜が降り、、、

「もぉ 外 むっちゃ寒いっすよぉーっ」

             ほぉ〜(←こればっかしで(^^ゞ

チーさんも「常夜燈」くらい、見てきはったらどうですん?

あぁ((゚_゚))

雪山やね・・・ 往時を偲ぶ道しるべ(?)
万人講常夜燈 茶畑


ここ 鈴鹿峠は東海道の要所として名高いところ。

茶畑に日が射し込めば、わずかに気温も上昇し、、

まださぶいよね \(−−メ

と、今回も、一時間近くウダウダしてから
無理やりに(!)
植林帯を右折して、表示どおり鏡岩まで登っていきます。

『鏡岩』
山賊が、街道をゆく旅人を、この岩に写して狙ったという、、そら恐ろしい、、

ほんなら ワシらも狙おうかい ヒッヒ(ー。ー#

山賊だぁー
←下界


え〜と 分岐に戻って
植林の登り坂がやがて雑木の笹道になり
枝のすき間に鈴鹿の山も、チラチラ 覗いてきてまして

下で見えてた雪山は、綿向だったのね。

はぁ〜

じゃぁ あれは御在所? こっちは仙ヶ岳か? ちょっとだけでは分かりません。
早く全部、見えてほしい、、

寒さのセイか、足のスピード どんどん速まり、、、

あらっ しろくまさんは? (^^ゞ

御在所岳?
笹道 綿向山


アセビやイヌツゲ、葉っぱを落としたツツジの小枝が並木になって、、

軽いアップダウンをくり返し

前方に崩落した岩肌が見えてきました、、ナイフエッジかな?

ガレ場の陽だまりで小休止。
しろくまさんも到着し

その先の、綿向山〜仙ヶ岳まで ずずーっと見渡せるビューポイントでも
またまた休憩(笑)

ナイフエッジ 明星ヶ岳 鈴鹿だ!


そしてついに ナイフエッジ!

左手が大きく崩落し、激ヤセした尾根のザレ場
それを伝って急登に耐えて、、

昨夜の雪がカチンコチンに凍ってますよね
光るところは踏まんように、、と、避けていたら 足場がないねーん 

ゲッ(。。;!

実はここ
すごい展望  \(-o-)/  なんだけれども、、

冷や汗かきかき 通過です。(^_^;

明星ヶ岳 そして鈴鹿も!
ナイフエッジ ガレ場の向こう この上 プチキレット


鞍部に下って、笹の小路を登り返せば
見えました!

高畑山山頂が迫っております (^O^)/

後ちょっと、と ガシガシ高度を上げていき
最後の笹をエッチラ登れば

山頂 \(^o^)/


高畑山山頂に!

360度 申し分ない展望の小広場
もったいなくも二人占め (^^)v

かくも快晴に日に、よくぞ登ってきたものだ! と誰も褒めんので、、
ヒソカに自分で褒めてやる よちよち(^_^; (笑)

「でも富士山は、見えませんねぇ〜」
しろくまさんは 不満顔? (笑)

そっと覗いて・・・ 新ポーズ!
       


すぐ先の岩場のザレ場で、思う存分遊んでも、まだ10時過ぎ、、、ですね。ウヒヒ(^^)v
溝干山まで縦走しましょう。

笹道の稜線の起伏を過ごし
ふり向けば、高畑山が双耳峰に見えている?

溝干山は
次の丸いピークだね。

バイクの音もどこからか、、あっ 人や!

今日はじめて! 坂下峠から上がって来られた親子さん?と 山頂で鉢合わせ、、

ビックリ(゚o゚)/

お二人に山頂をお譲りし、
私らは、往路を辿って高畑山で お昼にしましょ♪

高畑山 溝干山頂 へ引き返す
バックに高畑山 溝干山 再び高畑山


予報どおり、3月並みの陽気になったわ、、暑い暑いと頬かむり、、(^^ゞ

チーさんまるで三蔵法師みたいよ
なら 孫悟空は誰がやるんね?  イテッ\(ー。ーメ


こじんまりした山頂には、何人かが登ってきてはり
鈴鹿の名峰が 朝よりも、いっそう白く輝いて、、、連山みたいに、、

高畑山、、ショートステイに良い山、、かもです。

とは申せ、鈴鹿側は寒いので、
クルリと背を向け 南向きの陽だまりで、久々に カニ雑炊を、作っていただく
このシアワセ

明日は七草粥ですし、、、あっ

葉っぱ忘れた!ゴメン(^^ゞ

どっちが美味しそう? 琵琶湖〜綿向山
雑炊作り


こんなに気温が上がっても、未だにツルツル 凍っているのね ナイフエッジ
登り以上に下りは用心、、

正面には四方草山 一段下がって三子山、、
まだ時間早いし、あっちにも行ってみます?

どのくらいかかるかなぁ〜

ナイフエッジ けっこう遠いぞー!
バック 高畑山 右端 四方草山


というわけで
登山口に戻る前に、どこに行きます? と、地図を広げて、、

「うーん かもしか高原が妥当だな、、でも、場所分かる?」

マカシテ(゚-゚)v

1号線に出て西走し、最初の信号を右折
東海自然歩道から、安楽越を目指します、、案の定 分岐にちょっと手間取って、、(^^ゞ
近道をチョイスし、ようようの上り坂

うーん なかなか良い感じ♪

やっとほっとの安楽越。

はぁ ここですかぁ〜
さぶっ!

出るのおっくうですねぇ〜
どんまいどんまい

安楽越 階段、、、そして、、階段! (@@;


いきなりの激急階段、、、終わったと思うと また階段、、

20分の辛抱だからね、、

なるほどね。

しろくまさんはブチギレ寸前 ドキーッ!(゚_゚;

右手にやっと臼杵山が見えてきて、

臼杵山


ほっとしたのもつかの間で、またまた始まるUP&DOWN、、(^_^;

15分ほどで、やっとホッと 尾根道になり、
20分キッカリ、、おぉーっ!

着きましたぁ\(^o^)/

ここ?
そう! ネットでよく見る このベンチ。

ベ ベンチだけですか! キレるぞぉー(゚_゚>)

うわぁ〜 (@。@;/~

納得しました (^_^; とっとと帰りましょ!
シンボル ベンチ(笑) スシ食いねぇ〜


というわけで
鈴鹿の地図にも デカデカと載っている 待望の「かもしか高原」
も しっかり踏めまして、、

(^_^;

もう完全に(!)2008年も始まった ようでございます。


運転・画像提供 ありがとう! ほんで、ごちそうさまでした。


 トップページへ