FX自動売買
恋活
家電バーゲン
放射能測定器


【青ノ山】

標高224m

1/17 (木) 晴れ時々曇り 

ミツ  チー

地図・・・・ ←  が 青ノ山


家6:20→JR塚口駅6:41→尼崎→姫路→岡山(マリンライナー)→児島→宇多津駅10:14

宇多津駅10:30→青ノ山11:50(65)→おか泉14:00(うどん屋30)→(買物)→宇多津駅15:15


宇多津駅15:40→児島→岡山駅(買物)

岡山駅18:02→姫路→尼崎→塚口駅20:41→家21:10

交通費 = 約2300円×2人分=4600円    青春18きっぷ 使用


残った2枚の青春キップ その使いみちについては、夫婦でサンザン考えました。

けど、どこへ行っても寒そうで、、

チーはエエけど、あっちはそういうのに 耐えれへんだろう、、
かといって、みすみすキップを放るなんて
ねぇ〜(゚_゚)

ふと、目に止まった瀬戸大橋の写真から
こりゃぁ
海を渡るしかないぞ!


そうです。 あそこ!
夫は「うどん」で 釣れるのです (^^)v


通勤客に揉まれつつ、東雲(しののめ)の明石海峡大橋を、新快速で西走し、、
姫路から岡山、、までなんて、まぁ2時間近くもかかってしまって

ガタゴトガタゴト♪

しかし
四国への青春旅も3度目(!)ともなれば、一般席だって ちゃんとご飯が食べれるし
本もガンガン読めちゃうし

「慣れ」というか何というか

それに
なんしかこのお天気♪ ですもん ねぇ〜(^_^)v


雲一つない快晴の空の下、児島から瀬戸大橋を渡っていよいよ四国、その最初の駅が宇多津駅

今回はここで下車。

琴平に向かう賑々しい列車に手を振って
いかにもローカル色豊かなエリアにポツンと降ろされて、、

あらら
思ったよりも暖かい♪

宇多津駅 青ノ山 うどん屋さん


正面の丘が たぶん今日の青ノ山でしょう。
うどん屋ばかりが 目立ちますが
と、歩きはじめて、、、

はてさて どこから取り付くん?

山と地図とを見比べます。

山の左側に周ってみますか、、車道ですが、、上がってますが、、、高速道路(高松道)に向かってますが、、


車がビュンビュン横 すり抜けてく車道の中腹まで、どうにか上がってまいりまして、、、

ねぇ〜 この先 トンネルになってるよぉ〜

その前に分岐な〜い?     ないよぉ〜そんなん、、
あのスイマセン青ノ山へは? と ランニング中の方に尋ねてみても、、、私もこの道 初めてで、、、どーも(゚゚;

と、トンネルに吸い込まれていくオバサン追いかけ、わたしらもその車のトンネルへと、、、

、、、貫けました、、、よぉ、、

これかぁ〜 \(^o^)/


「青ノ山」って書いてないんで、、通りすがりの人にも一応、聞いてみましたが、知らんとおっしゃる、、

ま、行ってみよう。

車道からやっと開放されて遊歩道、、、

飯野山だぁ〜 \(^o^)/


そうですよ、、やっぱ、こうでなくっちゃ!

この美しき「飯野山」は第一回青春四国旅で、初登頂したお山です。

気分よく♪ つらつら登っていきますと、
駐車場に突き当たる。 ゴツン(゚.゚)

ここまで車で来れるんだ。

地図がある、、えっと、、、、青ノ山、、、おぉ 左上の隅っこに!


しかし、ぎょうさん道 ありますなぁ
ほんま道ばっかり やねぇ

高々200mほどの青ノ山
迷路のように遊歩道。

時おり「順路→」の標示に沿えば
ある時は山頂と逆行して下っていくし、、、またある時はぐるっと周回 元の道へと舞い戻る。

まさに散歩仕様だな

地元のための山なのよ。

せっかくなんで、私らも、その遊歩道を目いっぱい歩いてみることに、、、
時おりまみえる飯野山に歓声を上げながら。


飯野山 どっちや? (゚゚;


ついに、どっちを選んでも 「青ノ山か山頂に行きます」、、、ってな分岐にさしかかり(笑)

試みに、左 「←青ノ山」を選んで登れば 10分ほどで山頂

遊歩道に入ってから 1時間近くのお散歩を経て、やっとホッとで着きましたぁ。(^^ゞ

山頂


展望台からは、予想通りの景色が広がってます!



ワハハ 凄いわ!

手すりに乗り出し カメラに収まりきらない景色と しばし格闘
うーん
景色が、デカすぎるんだよ。

と、とりあえず数枚を連写
その一例



向こう側にも行ってみよう、、、と 広場の奥へと進んでいって、、、

振り返りザマに見る景色に またもや 「おっ!」 となりながら、、、(笑)

広場の奥には古墳
一辺9m高さ2.5m 「方形墳」 という珍しい形だそうですが、、、

そういえば
青ノ山山麓は、ちょっとした古墳群になっていて、
ミツはそれを楽しみにしていたはずでしたけど、そんなもんあったっけ?

さぁ(゚_゚)

ちょっと 取り付きに手間取ったりしたもんね (^^ゞ

おーい!


山頂にはささやかなアスレチック遊具も揃っていたので

滑り台とか上がってみたら少しは景色が変わるんじゃないかな、と、、、、ヨイショ♪、、、、変わりません(笑;

反対側の遊歩道はどうなってるんだろ?

南の方にも降りてみますと、、、あらま そっちにちゃんと駐車場、、それなりの。

たしか、夜景を見にくるカップルも多い、、と書いてあったんだ。 チッ(ー。ー;

戻ろうとして

おっ!



いつ見ても絵になる飯野山を
たまたまミツが撮った写真が、どうしたハズミか傑作(!)で
今回はサボろうと思ってたレポを書くハメに
(^_^;

この小さな山頂で一時間近くも遊んだおかげで、だいぶ目にも馴染んできた、、、ような景色?
とも
いよいよお別れ

(^_^)/~

対岸の児島


往路よりもわずかにショートカットして下山。

麓近くの駐車場まで戻ってきまして
左の車道を宇多津市内へと降りてみますれば、はたして街のど真ん中。

民家やら、商店街をクネクネしながら

「この道を、人に説明するのは無理だよねぇ。」


話しかけても夫は無言。

おそらく彼の頭の中は、やっとの「讃岐うどん」のことで、もういっぱい、、なのでしょう。

食うぞぉ〜(^◇^)/

おか泉(せん)にて


 トップページへ