FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

【摩耶山】

・・・好奇心 ムラムラ・・・

3/6 (木) 曇り時々晴れ

歩行時間(約)6時間20分

摩耶山さん歩(てるみさん) ・ 山茶花さん ・ チー

地図・・・・  「↓」 ・・・ 摩耶山


家9:25→阪急塚口駅9:34→王子公園駅10:01

王子公園駅10:10→五毛バス停前10:25→長峰堰堤→虹の駅(ケーブル終点)→掬星台(摩耶山)12:45(昼)13:15
→シェール道→桜谷道→掬星台16:00→山寺尾根→長峰堰堤→買い物→王子公園駅17:25


阪急王子公園駅17:29→塚口駅17:55→家18:05

交通費  260円 + 260円 = 520円   


摩耶山さん歩(てるみさん)を知ったのは、気弱なチーのページにカキコくださったのがキッカケだったか。
とにかく
ハンドルネームから摩耶山近くにお住まい、、との察しはついたが
ページを拝見してオドロキ!

日本中からのカキコやハリコで掲示板があふれてて
その量といい質といいハンパではない。
その全てに応答してはる「てるみさん」(以下、そう呼ばせていただきます)、、っていったい、
どんな「怪物」なんや。

ぜひ、お目にかかってみたい。

かくして
チーの突然の申し入れを快くお受け下さった てるみさんから
「山茶花さんもご一緒に」とのレス。
山茶花さんは、あちらのページでよーくお見かけしているが、未だ面識なく、、

そんなことで
プランの一切をてるみさんにお任せすることにして、今回の山行が相成った。
m(_ _)m

まだ寒気が抜けない当日 いちおう晴れ予報
待ち合わせのバス停にはすでに両名お待ちかねで、自己紹介しながら長峰堰堤までの急坂を登る。

いつもは阪急六甲から胸突き八丁の「長峰坂」をヒーヒー登ってる。
こっちの方がはるかに楽チン、と、早くも よいことを教えていただき上機嫌♪

お二人はかの「てるみメイツ」のお話に興じておられ、「どなたが、いつ、どこで、何をした、、」
と、
お詳しいこと! 感心(゜_゜)

時折「あぁ」「はぁ」と相槌を打つチーの超低音
かたや、てるみさんは超高音でカラカラと、、、山茶花さんは中音域のメゾソプラノ

まるでキャンディーズのように(?)ハモってる。

山茶花さんは「山、茶、花を愛でる いわゆる知識人」で
たくさんの方のレポを隅から隅まで熟読されてて、ほんまに頭が下がります。(笑)←笑うとこちゃう(笑)

と、突然!
「この前のは 『荒地良』 って良かったんですね!」
と、こっちに来た。

えっ あんなとこ見はったんですか、あれって、、、ほとんど落書き(汗;
「あの荒地良は、、つまり、アラチリョウ、、荒治療  バンザーイヽ(^。^)ノ

すんませーん スベリましたぁ ○| ̄|_

えーっと 何のお話でしたっけ?
そうそう摩耶山、、


今、長峰堰堤奥の広場です。

この先、摩耶山へは、登りイッペントウの山寺尾根コース、
その西側には摩耶東谷を詰めるコース、、

この谷コースは堰堤のできる前のもので、一回チャレンジしてみたものの、あまりお勧めしたくない
(要するに汚い)
と、てるみさんとも同意見。

その間に東谷東尾根という、まことに姑息な(?)ルートがあり、ここはチーの愛用道
ということで

今回、てるみさんが選ばれたのは
その東谷からさらに西に取りつき、摩耶ケーブル山上に出てくるという摩耶東谷の西尾根、、、

そんなもん あるんかい?
と、地図を覗けば、おーたしかにビヨ〜ンと、せり出してる尾根が南側にこんもり、、
なら南尾根か?

ゲーッ! これでっかぁ


まぁ 無理もない、、、とにかく尾根に上がらんと話にならん

崖だろうが斜面だろうが と とりついて、、

「ちょっとだけなので、、」
、、という てるみさんのハイトーンを5回くらい聞いたか(笑;  気がふぅ〜っとなった頃ようよう尾根に。
やれやれ。

しかし、問題はその先でした(!)

 山茶花さん提供

ガーン!
こ、これは・・・

以前は、ホテルとして利用されていたが、経営悪化や厨房火災などのアクシデントに見舞われ、現在は閉鎖、内部への立入禁止。

こ、こんなものが、摩耶山にあったとはぁ


「えっと 道はぁ、、」

えーっ  て、てるみさん こ、この中に入るんですかぁ、、

そりゃぁ もぉ 底抜けにスルリ、いやスリル満点、、、

肝をくくって 強行突破あぁーーー (+o+)/


「あぁ 違ったわ、、、」

あぁ はぁ そ、そぉなの、、、もぉ 汗ぐっしょり、、、

「こっちよ こっち、、」

今にも倒れ落ちてきそうな館の外壁横を、てるみさん追って全力疾走
突破だぁーーーー!

待てしばし!
ここで見ないと いつ見るの

勇気 しぼって ふ〜っと覗く、、、窓の中
ギヤー \(-o-)/

 
でたぁ〜 \(@.@)/



もぉ なんちゅうか、、、、まっさお(・。・;

5月連休、雪中テン泊も、ええけれど、
ここはいっちょ この敷地内で真夏のテン泊 キモ試し大会 ってのを、、是非ともお願いしたいぃ、、

そーいうのは ひとりでやれば? イヤイヤ

 
お屋敷全景


さて
話を戻します。

上がったとこがケーブル終点の「の駅」でありまして、、ロープウェイとの中継地点
突然 「観光地」、、やね。(汗;

ロープウェイ終点を「の駅」というらしいが、もうここ「の駅」から型ライトが
チーカチカ♪(注:夜だけ)

お相撲さんも 喜びそうね、、

うわっ 黒星!


すっかり テンション上がっちゃてる私(ら)は、

「この先は上野道なんで、、」
という、てるみさんのご忠告も よく解せぬまま、

往年の摩耶山を偲ぶ、名所旧跡を観賞しつつ

摩耶花壇(お花屋さん) 天上寺 山門  
かつてのマザーツリー


摩耶山上の掬星台へと続く、、、上野、、、

上野道


うわぁ〜

こ、これがかの有名な「上野かいだん」、、、それって「四谷か?」、、そうそう、、ちゃうちゃう 「階段」だって!

ってのを
まざまざと体験しながら

前半戦、めでたく終了。

おかげさんで 「かいだん」 は しっかり堪能いたしましたぁ、、、ヽ(^o^;丿

それにしても途中
史跡公園から見あげた摩耶山って

真っ赤っか

でしたよねぇ、、はぁ、、はぁーくしょん♪

いつも大賑わいの掬星台広場も、今日は閑散としてて

寒いから? だって、はや13時、、、、とお昼をとりつつ 午後の算段、、、

「よかったら、マンサク探しに行きません?」

なーんて 当てモンみたいな提案を、すんなりご承諾くださり、、

ではでは、、穂高湖の方からシェール道に入って、、

裏手にまわれば、雪の残った山上周辺、、この分じゃ 花とか、、あかんかな
との不安もよぎらせながら


山茶花さんのご提案で、アゴニー坂はパスし
車道歩き

えーーっシャドー ですかぁ ブルーブルー♪それはシャトー! \(−−メ

こっち側に丹生山系が見えるんですよ、、、やぁ ほんまやぁ〜と 初めて知って m(_ _)m



さて
シェール道は、ドイツ人のシェールさんが好んで歩かれた道、というだけあって
沢沿いの素敵なプロムナード。


なだらかに下れば やがて、なま 暖か〜い風も流れ、
こりゃ咲いているかも、と、マンサクへの淡い期待もあったのですが、、

マンサク?


たった一本 茂みの中で見つけた木に黄色い点々、、

蕾か?

残念!

てるみさんは 天然マンサクを、まだ見たことがないとかで
また
今年は(まだ?)六甲で咲いた話を聞かないので、、(裏年か)
是非とも見たかったんだけど、、

まぁ また探しに来てね(笑)


風光明媚な沢沿いを楽しみながら 森林植物園の分岐まで、、


「徳川道」へ上がろうとするのを、掬星台はこちらですよ、、と「桜谷道」を選ばれる。

なんで掬星台に戻るの?
との謎も、いずれ明かされることになるのですが、、(笑)

つららかいだん? (−−;


掬星台帰着 15:45

すっかり長居をしてしまいました

山茶花さんからタイムリーにいただくカプチーノ 美味!

今日はどうも、、

「えっ もしかして ロープウェイですか?」
「えぇ 主婦仲間はみんな 年間チケットというのを持っているの オホホホ」

はぁ〜
と、むちゃ納得 ガッテン(゜.゜)

では、私は 、お見送りますね、、若いし($・・)/~~~



お二人を乗せ、滑るように発車したロープウェイは、みるみる小さくなっていきます
それを「虹の駅」まで見届けて、、

ホテルですぅー (^◇^;/~


さぁ 下山

と、一気に 下り放題の山寺尾根をダダダダーっ (^O^)/

待てしばし!
と ここでも、やっぱし 足止めくらって
これ、これ、これ、、、と

(゜゜;


いやぁ 楽しかったぁ

おかげさんで かくも実り多き一日になりまして、、と振り返る

沿線まで下ると
「おぉーーっ! 78円やんけ!」 ってニラ(もちろん国産)に飛びつき、、

ふと気がつけば
両手いっぱい 野菜に果物(^_^;


企画・画像提供 ありがとうございました。

 トップページへ