家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

【御池岳】

5/4 (火) 晴れ時々曇り

標高1247m   歩行時間(約)8時間30分 

しろくまさん ・ チー 

地図・・・・ ← 「↓」 が御池岳(丸山)


家5:20→しろくまさん家→豊中IC5:42→彦根6:30→(コンビニ)→R306→コグルミ谷駐車場7:40

駐車場7:45→長命水8:40→天ヶ平9:10→西のボタンブチ11:50(昼40)→天狗の鼻13:45
→南峰14:40(20)→奥の平→丸山15:15→登山口17:00→駐車場


駐車場17:10→(コンビニ)→彦根18:00→八日市→豊中IC20:20→しろくまさん家→家20:50

高速代 1750円 + 2500円 = 3950円
ガソリン代  152円/15.72g ≒ 2400円



しろくまさんがリサーチの粋を駆使し(?)ご提示なさった「御池めぐり」
快晴の日を待って待って(笑)
ゴールデンウィークの中日 やっと遂行されるとことと相成った。

隊員そのいチーは 及ばずながらも 自称「御池フェチー♪」

花のない残雪期、シャクナゲの初夏、そしてヒルを蹴とばす晩夏、、と
さまざまな御池岳を経験済み。

そしてそう、
何を隠そう 天下のコグルミ谷は、今回が『お初』
\(^o^)/

よぉそんなんで 「御池フェチー」とは、、、聞いて呆れる、、との声も聞こえそうだが、、
まぁ いいだろう。(笑)

鈴鹿屈指の花の谷
なればこそ
今日の為にわざわざ取っておいた、、といっても過言ではない、のだから、、

             ダハハ(^◇^)\(−.−; のワケねーだろ!

三上山


駐車場が小さいので できるだけ素早く! を合言葉に
いつも通りのスタートながらも、豊中で8分、、彦根で30分近くも短縮できてる我ら

R306をぐんぐん上がり、登山口すぐの駐車場に7:40着

しかし、、
すでに、ほとんど満車で〜す
ってな隙間に、無理やり 車をねじ込もうとして、、ウニュウニュ〜

「無理でーす」
ふと見ると らぶさんだ。 

おぉーっ!

らぶさんが手を振り振り こちらに突進してみえる、、
背後にはにこやかなご亭主!

今日は 文字通りのらぶらぶ花見大会、、らしい。
よろしなぁ〜

「チーさんたちは?」「私らは、、御池の池探し、、、なんすよぉ (^^ゞ」

というわけで現行犯でとっ捕まり
しゃあない(!)と 心を入れ替えて下のデカイ方の駐車場にスゴスゴ移動する。(^.^)/~~

下は余裕だった(^^;v


それにしても鈴鹿最高峰
これ ほんまに快晴かい! ってなガスガス。

まぁ、こういうことは、ひとえに己の日頃の行い、にかかっているわけで
よもや人のセイなどにすべきではない!(笑;

それはさておき

ホウチャクソウ サルトリイバラ アケビ


登山道に入る前から、早くも花に足止め食らっておりまして
アケビの花柱なんてまさにヒル色。


そうそう
こう、気温が高いと 出るものも出るんじゃないかと、 念のためタイツとかも穿(は)いてますねん私。
細工は流々、さー行くで!

かくして
待望のコグルミ谷 入場でーす (^O^)/


な、なんとなんと!

のっけから コンロンソウの太株ボロン、ムラサキケマン点々、ミヤマキケマンちょろっ

グリンシャワーをいっぱい浴びた花たち
その 陽気なこと〜♪

( ^)o(^ ) ぬわぁ〜

以降 浮かれまくって坂を登る。



それからも
スミレはもちろん 一面のニリンソウ、開きかけのカテンソウ、今年お初のヤマブキソウ、、、

思いがけない歓迎に チーはニリンソウのお尻なんか追っかけてるし
しろくまさんはハコベの蕾に食い入ってるし

ニリン尻? コンロンソウ
ニリンソウ ヤマブキソウ カテンソウ


ってな調子なんで、どんどん人が横をすり抜けて登って行かれる。

譲っても譲っても、、
下から人が湧いてくる、、って感じです。

もしかして
山上は黒山の人だかり、、だったり?


ちょうめい水で休憩しましょう。

「超名水」なんだ、、と思ったが、そうではなくて 「長命水」=命長らえる水

『一口飲んで疲れをとばし、二口飲んで若返る』
と書いてある
前にしろくまさんが来た時には、ご同行のご婦人方が 先を争って(?)ゴクゴク飲んでおられた由。

ほんで 効いたんだろか? イテッ!\(‐‐メ

ヨゴレネコノメ


長命水を越えてからも、一向に傾斜は緩まない、、のだけど
植生の方には 若干、変化の兆しが見えはじめ

ニリンソウに代わって、ヤマエンゴサク、フモトスミレ、ナガバスミレサイシン、、
それに混じるカタクリの葉っぱ!

そうです、この上には カタクリ峠との異名を持つ「天ヶ平」が、、

あっ カタクリ!

まだ中途半端なイナバウア、、だけど、、ぽつんぽつん
かくして
カタクリ街道 はじまる。

高度 あがれば どんどん美形になっていく
シースルーの花びらが、誇らしげに、「撮るなら撮れば?」と ひけらかしちゃって、、
品定めしながらジグザグに、そして息もヒーヒーと (笑;



天ヶ平


天ヶ平9:10
明るい疎林の広場、、御池岳と藤原岳の分岐になってる。

そのすぐ上がテーブルランドの縁
そしていよいよ 今日の「御池めぐり」が始まるわけです。

・・・・・・・・・

ほとんどが石灰岩でできてる御池岳
それが融けてドリーネという窪地になり、そこに水がたまって、、御池という山名、、にもなったという。

山上には地図に記載されてる真ノ池、元池以外にも、大小さまざまな池が点在し
中には気まぐれ池、時期限定池などもあるのだとか、、、

雨水の溜まっただけの池なので、そういう事情も呑み込める。(笑)

というわけで 今日は現存している(だろう)池を、一筆書きしてみよう、、という話。

テーブルランドまで上がってきたし、もうこれで、激登りとかもないしね。

ルン♪

タニギキョウ ムシカリ ミヤマカタバミ


石灰岩ごつごつの地帯を、花など撮って進んでいくと

「あれかな?」

幻池


最初の池、、難なく見つかる。

一般道に戻り
深くえぐれた溝道から、涸れ沢を幾分 離れるように、道なりに進んでいけば、、

道池


名は体、、と云うが如く 道ばたにある。

ではお次、、


いつ池になってもおかしくない凹 凹の「ドリーネ地帯」から、
灌木帯へと入っていって

北池


ここの水は なんだか淀んでいる
季節がら?、、はたまた水が減って泥沼化、しているのか、、
見ようによっては
すりガラス、ってか、曇りガラスの向こう♪ ってな寺尾聡ワールドにも見えるじゃん
えっ 知らんの? (ー。ー# このカマクマ!


そしてお次が かの有名な真ノ池
それを過ごすと南池。

南池
真ノ池


えーっと 次は何だっけ? と、資料を覗きこみ、( ..)φジ―

3つ 固まってますね。

とまぁ こんな感じに 池は、あっちこっち ぎょーさんあるので、今日はわたくし、「池名」とかを紙に書いて
持ってきましてね、
それを紙芝居みたいに繰っていき 池と一緒に撮っておこうと、、

ヽ(^o^)丿カシコ〜イ

サワグルミ?の池 ちょっとステキ♪ プレート付き!


右端のようなプレート付き池なら そういう手間も省けるんだけど

逆に文字を見たら現実に引き戻されるんで
そういうのは普通つけない主義?、、、 ってか、、ここのプレートも便宜上付けただけの
天然素材なんで、いつ落ちても良いようにしてある、、んだとか。
ふーん なるほどね。

ところで
「木の名前」が付いた池ならば
おそらく池の傍に その木があるんだろう、、と見回すが

まだ、葉っぱが茂ってなくて、花もまだで、老木で幹の特徴がつかめなくて、、
どれがその木か よぉ分からん。

そーですよねぇ
とか、話しながら歩いていたら。

「あっ また池!」
「えっ もしや、それ さっき見てたヤツ? (^v^)」

、、ってなことも、、(笑;


今で池は7個

春浅いから? 全然 藪でもないし、歩きづらくもないけど
ぶっちゃけた話、、「どの池見ても あまり変わり映えしない?」 ってな気もしてて
ちょっと飽きてきてるとか? (^^ゞ内緒だけど

なーんて考えてたら、振り向きザマにしろくまさんが
「やっぱり、数をこなし過ぎるのも、あかんねぇ」
って

なーんだ ( ^^)Y☆Y(^^ ) 同じかぁ

と大笑いして、ちょっとやっぱし知ってる元池や鈴北岳の方はパスしましょう
ということにして、、先へ。

ネーミングに疑問詞を残す

日本庭園の池


、、をこなして、、。

次は、、、ちょっと離れてますから、、でも パスしないよ。
ボタンブチの「幸助さん」とカップル、、なので、、

ということで、そのまま気持のよい草原を、どんどん行って
この辺の景色が 「御池めぐり」の醍醐味、、かもなぁ
とか、ふと思ったりして

鈴北岳 お花池へ


お花池に着きますと ぱーっと日が射し、、俄か明るいムード広がる。

そうか お花さんって 明るい人だったんだね
と、池の中を覗き込み、、

\(@o@)/ ぎょぇーー!


オタマジャクシ うじゃうじゃじゃぁ〜〜〜

お、お花さん、、って、子だくさん?

       (゜o゜)\(-_-) 落ち着いて!


さて そろそろ昼時

お腹の方もすっかり空いてるので、ランチ場所とか探したい。
まぁテーブルですから、どこなとあるでしょう
と、縁沿いに進んでいきますと

うわぁ!

展望が開けたところに突然、飛び出し

      ここ、ここ、ここがいいのよ〜♪ (年バレまっせ!)

まさにランチ会場!


なぁ あの天狗堂と重なってるハンサムな山は?
綿向ですやん!

、、ってことは、、左に鈴鹿が連なってるんだ。

いーえ鈴鹿ばかりではなく、、右には安土、近江平野、、展望よければ比良までも。

今日って曇ってる割には 展望もまずまずで、、

繖山 安土山?
鈴鹿


昼食後には、ほとんど花期を終えてコンボウ状の黄色い花、、にも出会いながら、、

そうです。
このテーブルに上がってからというもの

ニリンソウ、ヤマエンゴサクなどの花々が、ぽろぽろと咲いてて、
いかにも平和
まるで、花柄のテーブルクロスを広げた、、かのよう。

(^^ゞ \(^。^* ウマイ!

ニリンソウ フクジュソウ ヒトリシズカ


そして そのまま突き進んでいけば ゲートロックのある展望所に。
すごーい!

眼下には御池林道、左手には迫力こそ欠いているが、かの有名な「天狗の鼻」
その右手には「T字尾根」がびよ〜んと伸びて、、

ここも良いねぇ。

御池林道 テラス
展望


なんだかすっかり 「景色」に 翻弄されてるみたいですが、、
けっして「池」を、忘れたわけではございません
ので(笑)

いかにも秘境(?)ってふうに咲く花を愛でながら

ハクサンハタザオ シロバナタチツボスミレ?


池めぐり再開

ちょっと淀んでる丸池を経て、、、等高線歩きも試みてみる、、

エッジに沿えば迷わない、、ということなので、、
踏み跡たどってトラバース気味に斜面を伝っていきますが、、ねぇ それってどんどん下ってません?

そっちはケモノ道?、、、やっぱりクマだ。\(ーーメ

と、
ちょっと下り過ぎたので、、適当に激々斜面をガシガシ登って修正し
やれやれ
エッジ沿いも楽じゃない、先輩たちは凄いんだ。(笑;

やっとこ小さな展望台?まで這い上がってきて、、うっすらと霞む三上山とかもゲットして
ヽ(^o^)丿バンザーイ

ただの斜面?(笑) うっすら三上山
丸池 天狗堂


それから、以前にも通ったことある草原に出てきて
そのすぐそばに池

こんなもんあったんや、、ってな風池。

すぐ上が 丸山らしい(笑)

風池


見通しのよい笹原を進んでいくと、勝手知ったる天狗の鼻に出る。

いやぁ〜
やっぱ なんてったアイドル ここの展望がピカいちやねぇ
と、胸のすくような景色を見渡す。

T字尾根が麗しいカーブを描いてて
振り向けば、さっきのランチ会場が突出してて
お隣りのボタンブチには、3名ほどの人がいて、、

そういえばコグルミ谷を数珠つなぎに登ってはった方々は、いったいどこに消えたんだろう?
もうとっくに 下山されたんでしょう。(笑)

ボタンブチまで行って、シャクナゲピークを覗き込む
けど
ほとんど ピンク色していない

今年のシャクナゲは、最悪かも(゜゜;

茶野 西のボタンブチ 伊勢湾 セントレアも?
T字尾根 丸山


そして幸助ノ池へ
秋には美しい〜♪と 言っていたけれど、、やっぱ初夏はちょっとね(笑)

この辺りにはさすがに人の行き来もあるようで、
薄いトレースも残っているけど、当てにしてると すぅ〜っと消える、、

そういうとこも御池岳の醍醐味?(笑)

幸助ノ池 T字の取りつき・・・
ヤマルリソウ ボタン岩


まだまだ先にも行きたいけれど、かれこれ14時半
下山もあるから そうゆっくりもしてられない、次の東池まで行って、下山の態勢に入りましょう。

その東池
ドリーネはデカイけど、水は下の方にちょっぴり溜まっているのみ、、
次 来た時には もう干からびてるかもしれません(^^;

北西方向、丸山に向け、笹原を上がりはじめる
丈の短い笹をバッサバッサと漕いで行く。

だれかがふっと現れて
「10年前のこの辺は 強靭な笹原で 容易には歩けなかったのだ」
、、とか 言いそうな、、(^_^)

東池 ニリンソウ
ナツトウダイ 草原


右手に養老山地を見ながら、前はどの辺まで来てたんだろうと話しながらぐんぐん登って
かなり疲れている自分に気づく。

「御池めぐり」も楽じゃないわ(‐‐;

チーさん 後ろ すごい!

言われるままに振り向けば、、

あらま、

さっき居た、笹原の大平原が眼下にどーっと広がって
右手には頭陀ヶ平、、そして藤原岳、、
真中いなべ市、伊勢湾を挿(はさ)んで、、左手には鈴鹿の山々、、

あら あら あら、、 ヽ(^o^)丿ばっちグゥ〜

いなべ市 ヤマエンゴサク
   


笹原をさらに登って行くと 奥ノ平と呼ばれる広大な原っぱに到達し
その先には丸山。

丸山へ


左手に ボタンブチやら天狗の鼻などを見とめながら
丸山まで上がる。




丸山山上ではファミリーが、ただいまラーメン作りの真っ最中で
そのジャマにならぬよう、、テーブルランドに別れを告げよう。


「コグルミ谷→」
ここから天ヶ平までも、今日がお初の道なんですねん。(^^ゞ

今日は気温は高いけど、湿度は低く爽やかでヒルの不安ももうないか。

天ヶ平でタイツを脱いで、滑りやすい激斜面、往路を辿ってどんどん下る。

「ここってこ〜んなに急だったんですねぇ」
と しろくまさん
みんなとワイワイ登ってた時には、急勾配も気にならなかったという話(笑)

今日はいろんなことがいっぱいあって、頭の中がアンパン パンパンですが、、

時がたてばそのそれぞれが、宝石みたいに きらきら光って見えるのかな、、

往路たどって、、 咲きはじめ


傾きかけた陽を浴びてオリーブ色に輝く雑木林を楽しみながら ゆっくりと下っていきましょう。



運転 画像提供 ありがとう。

キランソウ ヤマシャクヤク アズマイチゲ



 トップページへ