家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
楽天市場

【桟敷ヶ岳】

標高895m  歩行時間 (約)6時間20分

5/21 (水) 晴れ 

チー

地図・・・・ ←  が 桟敷ヶ岳


家6:45→阪急塚口駅6:53→十三河原町(徒歩5分)→四条(京阪)→出町柳8:30(京都バス)→岩屋橋バス停9:25

岩屋橋9:30→岩茸山11:30→桟敷ヶ岳12:10(昼休)→ナベクロ峠→祖父谷林道→岩屋橋16:35

岩屋橋(バス)17:00→出町柳→四条→河原町→十三→塚口駅19:13→家19:30

交通費  450円+210円+550円  ×2  =2420円



ウエストポーチの中身を整理してたら、「5月末まで」って阪急の回数券が2枚、出てきた。
たしかに思い当たるふしはある。

きっとこれは神のお告げ(!)と、前々から行きたかった桟敷ヶ岳に行くことにする。

今ならば、クリンソウがいいだろう。

ところが
北山のクリンソウ、調べてみたらいろんな所が引っかかってきて、
例によって あっちこっちと目移りし(^^ゞ

クリンソウ
かつて見たのは 鹿の屍が転がる沢の上部に のぉのぉと咲く小群落で
その大胆さに愕然

 (゜。゜;

勇気ふりしぼり鹿の骸骨を踏み越えて崖よじ登り、、ゼェゼェハァハァ

動物を寄せ付けぬ谷に かくも優雅に貴女は咲くのか

恐悦至極に存じあげた覚えあり ≪_ _≫

そう、クリンソウは雄々しい花。

ならば
桟敷ヶ岳のクリンソウ、どんな風に咲くのだろ?

ここはやっぱし初志貫徹、桟敷ヶ岳にこだわることにする。(笑;

・・・・・・・・・・・・

雲ヶ畑行き京都バスは出町柳駅前 8:30発なので
気合入っているわりには、余裕たっぷり家を出て、、駅前まで来て、、どうぞ〜♪

へっ?

私よりちょっと若めのネエチャンがアイスコーヒーを恵んでくれた。
店のキャンペーンらしい、、、それに当たるなんて、よほどツイテるのか、あるいはその逆か?(笑;

いただいた紙コップを少々 持て余しギミに(つまりが両手ふさがり)
京都 出町柳駅前のバス停まで、、


氷 ほとんど融けました冷コー、まぁそれなりに美味。

それ持ったまま、商売ガタキのハンバーガー屋でトイレ拝借。
朝っぱらから、ファーストフードさまさまだ。(笑)


やっと来たバスは、私を含め三組ほどを ちょっと遠回りしながら鴨川沿いに北上していく。

川べりの黄色い花は、なんとキショウブ、、あっちこっちその群れ!
さすがは京都だ。(笑)

バスは次々とお客を降ろし、雲ヶ畑川と名をかえた川沿いを1時間半ばかりかけ、ようよう終点 岩屋橋。

今日の登山者は私一人かぁ、、ってな現実をあからさまにして去っていく。

まぁ よくあること、ゼンゼン平気や (^_^;/~~~


バス停前で今回も満開のシャガを撮り、橋を渡って岩屋川沿いの舗装路を進んでいく。

傍らにはウツギの清しい白に混じりケマンソウ、ミズタビラコ、ヨツバムグラ、ツルカノコソウなどが
小さな花をつけていて

川べりでは早くもクリンソウがぽつぽつしはじめ、岩にはびっしりヒメレンゲ。

キンポウゲの続く道に ラショウモンカヅラ、マムシグサ、、
派手さはないけど、いみじくも楽しい登山道♪

シロヤブケマン ヒメレンゲ ラショウモンカヅラ ツルカノコソウ



あっちこっちふらふらと、30分ほどで「桟敷ヶ岳→」
林道を離れ、予定していた「西谷」に入る、、、かの有名な「岩屋不動」は下山の楽しみにしておいて、、


北山の植林帯
点線道のわりに歩きやすい、、と思っていたら、
沢はやがて涸れ、とんでもないゴロ石の急登に変わる。

何じゃこれ!
いや、何の事はない、単にルート外してただけ、、みたい(^^ゞ
しっかりせねば(笑;

やがて、登山道わきに巨岩ゴツゴツの突出地帯となり、それを見上げながら



急登に耐えること1時間
傾斜が緩めば 薬師峠からの道と合流し、、やれやれ、、
でも目指す岩茸山は、もう少し先らしい。

植林が雑木に変わり
左手 眼下に大森のキャンプ場が見えている。


登りつめたエセピークから さらに15分ほどかかって、登山道の左に伸びる急坂登って
やっとホッと岩茸山。


縞ガラ♪


え〜〜
ここではとりたててお話しすることもございません(笑)、ので次へ。

その後はなだらかに続く奥山坂の美しい樹林帯を、やっぱし峰床でも見かけたような「穴ぼこ」に会い

惟喬(これたか)親王ゆかりの「都眺めの岩」ってどれだろけ?、、と悩みつつ(゜.゜?

ふいに伐採地、、それに続く鉄塔広場に飛び出して

「わぁ〜 展望やん!」

っと、のけ反る(^^ゞ

すぐ向こうに桟敷ヶ岳が見えている。
しかしながら、他はさっぱりワカラン山(笑;

貴船かな?


ネコにオバン いや、ネコにコバンとは この事か、、と、呆れかえったまま登りつめると
桟敷ヶ岳 12:10

あぁ 腹へったぞ〜

ガイド本の「笹」など、どーこにもない、たった一人では持て余すほどの大広場

もしここがホンモノの桟敷なら、今日の舞台は真っ青だぜ (‐。‐#
ってなこともよぎらせながら、、とりあえずメシ。


桟敷という名は、前記の惟喬親王が王位継承に敗れ、都を懐かしむために「桟敷(高楼)」を作らせたのが由来とか。

見渡せど展望はわずか東のみ、、
ここから都が見えたのか
こんな山奥で都への想いを募らせられたか

考えてたら落ち着かず(笑) 早々に切り上げ下山の体勢、、そう
北進してナベクロ峠へと向かうことにする。

地味めな山に、ヤマツツジの朱色が艶やかで、
とりわけ日なたでは、いっそう華やか。


雑木を縫ってゆるやかに下っていけば
時として
なんじゃこりゃ? ってな花に 出くわすこともしばしあり(笑; 

しゃぁないなぁ、、と 何度か撮らせていただいても全てピンボケだし (^^; ヤレヤレ

カラスシキミ ウシカバ?



前方藪で 不意に ガサガサ不穏な物音がして、、慌ててストック引っぱ出して 鈴ジャラジャラ♪
どうも 一人ってのは、、(^^ゞ
いや、別に一人はエエねんけど、 とにかくこの山は、一人では身に余る。(笑;


ナベクロ峠はモミの大木が林立する分岐。
左に折れ、長谷へと下る。


植林帯の激斜面、、その悪路!

どこまでも、枝うちされた北山杉の小枝やら、倒木が、行く手を阻んで大苦戦。

ガンバレー!

しばらく応戦していたが
だんだん悲惨になってきて、、ついに

トタン板の小屋まで下りて見通しつかず、まわれ右して踵を返す。

今回、岩屋不動は諦める!



ナベクロ峠まで戻って祖父谷峠へと方向転換。

この選択は大正解 ヽ(^o^)丿 で、すぐその先にはスパーンと開けた鉄塔広場

わぁ! スゲー!

しかし
なんだなんだ、、そう、そうでした、景色とか見えたって さっぱりわからん山、、であり、、

でも
まぁ 北山で展望あればヨシとしよう!(笑;

左奥 愛宕山
京北方面


さーて
これ以上、深入りするのはもう止めて(笑)

プラ階段をズンズン下って、伐採地に植えられたウリハダカエデの林を抜けて
やっと鞍部 「祖父谷峠」まで下りてきまして、、

ウリハダカエデ若木


ここで右折

桟敷ヶ岳の山麓の小路を進むと やがて流れに沿うように、、
10分ほどで堰堤前に出て

まさに、水を得た魚のように、生き生きと咲く花たちをいとおしみ、、

ヤブデマリ


道はどんどんしっかりしてきて、小川もどんどん支流を巻きこみ、、

やがてそのうち
待望のクリンソウが、川べりにポツポツ出はじめる。

あっち〜こっちと輝くピンク

我慢できず
何度か沢に踏み込んで、その傍にしゃがみ込み

ガンとして咲くクリンソウ、、水際の際まで葉を広げ、、雨降って 水かさが増したらどうするん?
てな心配をよそに。(笑)



群れると言ってもせいぜい10株
でも
そのナチュラルさが、この谷には似合いかも?

やがて、祖父谷林道に出合い

双方からの道も合流してきて、舗装路になり、、

林道から眺める川が、どんどん下になっていき
咲き始めたタニウツギやら川べりのクリンソウを、ずーっと下に見下ろすようになり、、

ふと
フェンスが張ってあるのに驚き 私有地か?と、、

いや
はるか眼下にクリンソウが結構な群落を形成している。

おやまぁぁ

これだけしっかりした林道、、盗掘防止のネット、要るか、、

フェンス越しのはるかかなたのクリンソウ ちょっと淋しい目線で見ている
気分はちょっぴり惟喬親王?、、んなワケねぇーわ (^^ゞ


気がつけば
辺りにはヤブデマリ、コバノガマズミ、ウツギの白
道端には
ヤブニンジンやら キンポウゲの黄色い花が咲き乱れ

ヤブデマリ ウツギ キンポウゲ ヤブニンジン


やがて
人里に咲くシャガが出てきて、そろそろゴールだ、、と、思ってるんだが、
それから先の長〜かったこと、長かったこと(笑;

ついに今日一日 誰一人の登山者に会うこともなく、バス停までたどり着く。

ゆっくりとコーヒーすすって 17時のバスを待つ。



『その他 出会った花』

タニウツギ オヘビイチゴ チャルメルソウ ヤマシャクヤク コケイラン


[クマイチゴ、ニガイチゴ、ヘビイチゴ、ミヤマハコベ、ミヤマキケマン、カキドオシ、タネツケバナ]
[サワギキョウ、サワハコベ、クルマムグラ、ジシバリ、フジ、フタリシズカ(蕾)、サワフタギ(蕾)など]


 トップページへ