家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

【七七頭ヶ岳】

標高693m  歩行時間 (約)4時間

6/24 (火) 晴れ 

SIVAさん チー

地図・・・・ ←  が 七七頭ヶ岳


家6:15→阪急塚口駅6:23→十三→東向日(徒歩10)→JR向日町
→京都(新快速)→木ノ本9:15(SIVA車)→上丹生登山口9:40

登山口9:45→山頂11:35⇔ルリ池(昼)12:55→車道13:55→駐車場15:05

駐車場15:20→木ノ本駅16:14→京都→向日町→東向日
→長岡天神→十三→塚口18:53→家19:05


電車賃 390円 +1620円 2010円×2 =4010円



ぶっちゃけた話、雨マークなのに、湖北くんだりまで行くのはイヤ、、なんである。(^^ゞ
火曜日ならまだ天気マシ、、、なんであるが
その火曜日はSIVAさんが夜勤明けで全く寝てない、そういうの、、もまたイヤで、、
いやだけど行く気はあるねん(←?)

「だから、貴方、決めてや。」
こういう時は「あなた任せ」にするに限る、、が、その「あなたさん」も迷ってはりまして、、(笑;
結局、前夜になって「七七頭ヶ岳にする!」
「はぁ」

そりゃまたマイナーな、で、どこにあるん?(^^ゞ 知らんのかい、関西100名山やで、 へぇ〜ほんまか、、

・・・・・・・・・・・

9時に木ノ本駅ということで、通勤電車にスシ詰めペッタンコになりながら、どんよりお空を眺めて、はぁ〜
米原を過ぎた辺りから、ようよう青空がチーラホラ。


近江富士(三上山) 丹生富士(七七頭ヶ岳)



木ノ本駅前の案内図にも 「七七頭ヶ岳」なんて載ってないけどええかしら、と不安げに待つ、、SIVAさん現る。

「まいど〜」

高時川沿いに登山口までは30分ほど
「あの山や!」という富士山形を見上げ 「やっぱ あるんやぁ」(←あらいでか!)

橋を渡ってすぐの空き地に駐車。
支度して『七七頭岳 観音参道』の碑のところから登山道に入る。

七七頭ヶ岳 ≪七つの尾根を集めた頭≫ 湖北に数ある「信仰の山」の一つ、でもあるらしい。


しょっぱな植林にはイワガラミ、ハナウド、ヤマアジサイ、足元にはドクダミ、イモカタバミなどが華やかで
花への期待、ちょっと膨らむ。o(^-^)o

そういう目線で眺めると、花はすでに終わっているが、ぶらぶらとユリ科の実なども垂れ下がり、、ま、悪くない。

これ何や?
上の方で SIVAさんが呼ぶのでハイハイ ゼェゼェ あぁ〜しんど。
いつの間にか急登になっておりました。(^^ゞ

急登
テイカカズラ



急は急でも花観察にはちょうどよい道幅で、でも何度も書くけど花はないんよ、、だけど

おっ!

取ってつけたような一輪に出逢うのもまた愉快♪

左手がぱっと開け、明るいところに飛び出して

「あれ、行市山か?」
と 指さすその足元に、こともあろうに「アクシバ」が小群落を形成し (笑)

行市山? まぁ このサイズだ
アクシバ 2種


その他にもヤマツツジ、ホツツジと、つつじ科もさまざまあるが、いずれも時期を外しておって
総じて今は 「アクシバの山」 と、呼んでよい。(^◇^)v

再び道は急坂になるが、時折風が、す〜っと流れ
寝不足のSIVAさんも息、吹き返したように、ガッシガッシと登っていく。

眼下には上丹生の町並が、
道端には、やはり花期を外した植物など。

チゴユリ モミジバハグマ コナスビ
上丹生の町 あっちこっち サジガンクビソウ


地味目な花など撮っていると、どんどん遅れをとることになるが、
「これは!」 というのに出会ってしまい

「ねぇ〜 どうするぅ?」
と、はるか上方の山友を呼び止めては、引きずり下ろすハメにもなったり、(^^ゞ

「おぉ〜〜〜」

その寝不足君が、急斜面にもかかわらずホイホイ下りてきたのはよいが、そのまま地面に突っ伏して動かない。
・・・静止・・・

えっ 寝とるんか?(゜.゜# \(‐‐メ

イチヤクソウ


でっかい木に見とれていたら、上からドヤドヤっと3人ほどが下りて来られ
「ササユリ もう終わりですわ」と、ご親切にも教えて下さり、そのまま下方へとドヤドヤ。

あぁ ササユリなら、さっきもう 「紋次郎さん」を見かけたけれど
湖北の花期は意外に早い?
いや敦賀のも、もう終わってるとか、、はぁ さよか、、

よそ見してると、「うおっ!」 所々 引っぱってある紐に蹴躓く。
倒れた木を補強している?ようだが、これは危ないわ、足元、要注意!

「おぉ これや!」
というので顔を上げると あぁ これがかの、、

ブナの大木 ツルアリドオシ 紋次郎ユリ?


若いブナ林、地べたがツルアリドオシの畑になると、まもなく山頂の広場。
かなりゆっくり登ったつもりでも、コースタイムの2時間弱。

山頂には観音堂があり、その中には観音様が安置?

しめやかなムードを助長するかのように清楚な花も咲いている。

木々の間には余呉湖、、その延長線上に竹生島
たったそれだけ、なんだけれども、何でか「ありがた〜い」気持ちにさせる、、



昼飯前に 『伝説のルリ池』 を見にいこうと、そのまま北進、
滑りやすい激斜面なので、ゆるゆると下りて行く。(^^;

突然、SIVAさん 振り向いて
「あの、言っとくけど『池』じゃないから、、水場でもない、、うーん何て言うか、家の裏にある、こんな、水溜めてる鉢みたいなん あるやろ、、よぉ
「はぁ?」

おっしゃるイミが解せぬままに、、

ゲーーッ! これかいな? \(-o-)/

正真正銘 『ルリ池』



昔々、ルリ池は、舞を踊る少女(ワシ?)の顔にデキモノができ、「この清水で清めよ」とのお告げに従うと
不思議とそのデキモノが引き、五穀豊穣の行事を無事 終えることができた、、という
それ以来、この水が肌を美しくするという、

しかし、どの水(゜.゜? ってな、、

さすがに手水鉢(?)に溜まった不純物プカプカ水はキショイ! ので
苔からしみ出してるのを数滴、手に取り
                     モノは試しとパタパタ♪、、(もう十分,美しいねんけど(^^ゞ\(‐.ーメ


うーむ、、結果は推して知るべしか (^_^;

さて、山頂に戻って食事。
お得意の焼きそばを手慣れた手つきで、新たに「隠し味」も加わって、また腕、上げはったか?(笑)

転職への意気込みすら・・・ 山本山 琵琶湖


観音堂の裏手から、北東方向 菅並の集落へと下山する。

こちらもよく踏まれた道で、「急斜面、滑りやすい」とあるけど、
急なのは、下界が見え出した最後の所くらいかな。

お気に入りのブナ?



1時間弱で集落まで下りてきて、そこから3キロほどの車道歩き。
左手には横山岳?

土手に咲く花も色とりどりに、前方では何やら人が集まっている。

ユキノシタ 胡桃谷の名水



『胡桃谷の名水』

週末には大阪などからも大勢が来て行列をつくるという湧水、、口に含めば無味無臭、水質検査も良好♪
タンクを下げた地元の人が入れ替わり立ち替わり、汲んでいかれる。
私らも少しボトルに詰めさせていただいて

車道を横切る野猿軍団にも遇いながら、、爽やかに晴れた空のもと
1時間ほどで駐車場。

コマツナギ
ハナウド


『七七頭ヶ岳』

キーボードで打つと「七図」と出てしまう、ので、邪魔くさいけど毎回 「nana nana atama…」(笑)
うっかり打ち間違えでもすると
「ババババ頭が高けぇ〜」

と、全く「入力泣かせ」の山ではあるが
山頂、西林寺観音堂は、江州伊香二十七番札所であり 「奥びわ湖観音路」にも加えられ、伝説の池も残されて 
地元民には「七七頭さん」とも親しまれ
折々のお参りや、参道整備も欠かさないという、湖北有数の「信仰の山」である。

梅雨の晴れ間に、たまたまではあったが登頂 叶って
夜勤明けだったにもかかわらず、楽しく同行くださったSIVAさんにも感謝である。

電車の窓から伊吹山




【その他 出会った花など (抜粋)】

イモカタバミ

ヤマアジサイ

イチヤクソウ

ウメガサソウ

ノギラン(花後)

ササユリ

ウツボグサ

オオバギボウシ


運転 画像提供ありがとう。


 トップページへ