FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
恋活

【摩耶山〜再度山】

・・・秋はアケボノ♪・・・
(相撲は白鵬)

9月20日(土) 曇りのち晴れ

単独

阪急六甲駅〜山寺尾根〜掬星台(摩耶山)〜森林植物園〜大師道〜諏訪山公園〜阪急三宮駅

・・・・・・・・・・・・・・・・


六甲のアケボノソウ
記録によると、早い年なら、お彼岸前から見ています。

チー的には、「9月の花」 ってイメージなんだが
このところの残暑で、まだきっと早いよなぁ、、と思う、でも一応、探しにいくことにしました。(笑)

7時過ぎ、駅へと急ぎながら、予想以上に足が重いことにチョイ不安、、
♪こんな〜ことは今までなかったぁ

予感は的中!
駅コンビニでオニギリ一個、馴染みのパン屋でクリームパン一個を
買ったまではよかったが、、
足がゼンゼン、坂を上がってくれまへんねん。
しかも
台風一過というのに何だろ? この蒸し暑さ、、体中に熱がマンエンしていく、って感じ。

さすがに山道にさしかかると、ひんやりしていて、少しは息を吹き返すけど
今度は
想定外のクモの巣ビンビンにうんざり。
雨も上がったし、蜘蛛さんも、しっかり稼ぐぞぉ〜、、って気持ちは分かるんだけど、(笑;

道端には、この時期ならではの花、、

シュウブンソウ ヒガンバナ ヤマジノホトトギス


癒されながらも、道が沢沿いになると、トタンに荒れて
苔の岩がツルンツルンと まぁ滑ること!

今日は、体を支える力がない、、わけで
実に危なっかしい足どりでヨタヨタと飛び石しながら、もう、アケボノソウさえ見つかったら、引き返すぞ
と、決める。

でもまだ全然 早いような、、(^^;

それでも祈るような気持ちで
目が悪いから少しでも花の近くを、、と、かなり無理して薄暗い岩間を、ツルッ ヨタヨタ ツルッ ヨタヨタ
と、なりながら、、

あ、あったぁ! ありましたぁ。


たった一輪!
なので誤魔化しようもないんだけど、とりあえず包囲して(笑)、数枚激写。

あわよくば、、と、がんばってさらに谷を詰めてみる(約束がちがう)けど、、
待ってるのは倒木やら苔石、そしてクモの巣さん

まぁ
アケボノソウはこれからの花だから
まだ、なんぼでも見れる
と、自分に言い聞かせて、踵を返し尾根へと向かう、
(まだ、山を終了するわけではなくて?)

といってもまた、それはそれで急坂なんで、やっぱり全く進まんのだが、(笑;

やっぱ、体調の悪い時は、無理して来たらあかん

見晴らし台でちょい休憩
展望といってもセイゼイ、この程度なんですけど、(^_^;


尾根道と格闘すること数十分

摩耶山って やっぱキツイ山だわぁ、ってことを痛感しながら
立ち止まっては、ゼェゼェハァハァ、
ザックおろして水グビグビ

メドハギ シコクママコナ


やがてロープウェイの軋む音やらアナウンスが聞こえて、丸太階段になり、
尾根に取りついてから一時間ほどでようよう山上、掬星台
あ〜〜〜しんど。

幸か不幸か雲っているので、救われる。
ベンチにドカッと倒れ込み、秋風に身を任せてたら、自然と汗も引いていき、
お腹もグ〜

ちょい早いけど
今日一番のお楽しみ 「究極のクリームパン」 ここで いっちゃいましたぁ (^^ゞ

かの、幽霊ホテル(左) ポートアイランド


今日の掬星台はフリーマーケット会場になっていて
ちょっと華やいでる、、こんな賑わいはレオさんの全山縦走大会の応援に来て以来、かも

今の時間11:30
もう見るもんも見たし、展望もぱっとせんし、、とっとと下りるかぁ、、って感じ
だが
実は、三宮にちょっと用事があったり、で
あっちゃに下りたかった。

それと、もう一つ、ぜひ見たい花があった。(マジ?)

借金 雁金草

けど 摩耶山界隈で見るのは不可能だろうと思って、、この前リサーチしてたら
森林植物園 秋草の小径
ってのに 咲いとるらしいんだわどうやら、なら、ちょっと寄ってくか、、ちょうど通り道だし、、


最短コースの桜谷道、、を選んで下り出したんは良かったが、あかん、ここも。
豪雨の爪痕モロ受け!
(もともと良い道とは言い難かったけど)


というわけで、正直なところ植物園に着いた頃には
もうかなり
衰弱(バアサンか!)しておりまして、、(^^ゞ

やっぱダメだ、、体調を顧みず 山なんかに来ちゃ!
って、もうわかってる、ってか(笑;

救いの女神は な、なんと! コンビニで一個だけ買ってたオニギリ。
余談ですが
ひょっとして例の米騒動で、味がよくなったのかも?
ペロリだ。(^^ゞ

さぁ! ハリキって雁金草 さがすぞー (^O^)/
って燃えました。
が!
ご存知の方はご存じでしょうけど、森林植物園ってのが、もう、べらぼうに広くって!
だって「森林」を「植」えてある「園」ですもん、、

あっちこっちと歩きまわって、やっと見つけましたよ
「秋草の小径」(花はまだね)
というのは、ただ今 ススキの丘陵、、それをかき分けかき分け、這い上がって 
ふぅふぅ

ススキの根元に、岩湧山では探しきれなかった(終わってた?)あの寄生植物が、ありゃ ウジャウジャ

ナンバンギセル


しかし広いが故に、もうどこまで続くねん、、ってな 「秋草の小径」、
そのはずれに
やっとこさぁ〜で 念願の花にめぐり会う
おぉ おぉ!

感極まって抱きしめる(?)
(期待の芳香は、なかったです  ハイ/笑)

秋草の小径で、見られる花(抜粋)
ジャコウソウ 雁金草 フジバカマ ツリフネソウ
(園内 いたる所)


というわけで、
もう、すっかり長居をしてしまった植物園(長居植物園ではない)の西門をやっと出たのが、なんと15:45。

あやぁ

普通、こうなったら、もうバスで下りる ってのが常識、ですが
ここは意地でも突っ走るぞぉ〜
ははぁ

学習の森>仙人谷>修法ヶ原>猩々池>大師道>諏訪山公園
ヘェヘェ

一気に下りること 1時間20分!
もしやこれって
コースタイム2時間20分よりも 1時間も短いギネスものでは?

やったぁ\(^o^)/

まぁ 明るい内に下りれただけでも、ヨカッタんですわ。

三宮での用事も何とか終え、、さすがにもう、お買い物する気は残ってなかったけど (^^ゞ

なぁなぁ
体調、戻ってるやん! おぉ ほん摩耶ぁ〜 (笑)


【出会った花など 抜粋 (植物園以外)】

コバノガマズミ ツリガネニンジン ミズタマソウ マツカゼソウ ボントクタデ


セトウチホトトギス だろうか? イボクサ ノコンギク フジカンゾウ カワミドリ


ゲンノショウコ


 トップページへ