FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

【筆捨山(花の木)】

12月13日 (土) 晴れ

標高289m(339m) 歩行時間 約7時間

Mちゃん ・ チー

マピオン地図・・・・・・・・  地図上の 「↓」 が 筆捨山

駐車場ー関ロッジー観音山ー筆捨山(10)ー花の木ー展望岩(昼35)ー羽黒山ー羽黒神社ー駐車場


Mちゃんとの定期 2008年、締めくくり。

最近暗いニュースが多いので どっか明るいとこで、温いとこ
と探してたら、南鈴鹿の低山、、というのに行きあたったんでございます。

・・・・・・・・・・・・・・・

草津から草津線に乗り換えて車窓から望む秀逸な三上さま、、やぁ! ええやんかこの路線。

オソマツ (^^ゞ


今回お初の草津線は柘植(つげ)駅までなので、Mちゃんに柘植まで来てもらって、R25
途中 少々未舗装だったが、これが一番早いらしい、(笑;
うぎゃぁ〜! ((ガタガタ))

歴史の香り漂う関宿を抜け、、関役場の横の駐車場に駐車します。


さすが「東海道五十三次」を代表する宿場町だけあって観光マップがデーン!
ガイドさんやお客さんが、朝早くからいそいそしてはります。

私らも時間があれば、、と まずは、登山口の関ロッジへと向かいます。
しかしミゴトな快晴ですわ。 (^^)/


ちょうどロッジの左手が 「観音山登山口」で、「石仏巡りコース」とも書いてあり、
丸太階段を上がれば さっそく石室に安置された観音様、、、が、あっちこっちにいっぱいいらして、、
ルンo(^-^)o

おい コソ泥っ! 敬け〜ん


わずかに登ると早くも視界が開けてきまして、右手には関富士
富士いうても ここからだと甲山(西宮のん)

関富士 新池 関 伊勢湾方面


展望を楽しみながら、15分ほどで観音山

羽黒山 奥は明星ヶ岳


未だ健在のモミジを愛でて下っていくと舗装路、、、そのすぐ右手が筆捨山への取り付きです。
観音山をパスするのなら、ここからスタートしてもよい。


道は、「観音山歩道」とも呼ばれ、とてもよく整備されている
いうても丸太階段、ずっと階段、まだまだ階段、続く、続〜く、、、(笑;


展望台への10分で、もう汗だくだくになりました。 (´〜`;) 

展望台に勢いで駆け上がり、、景色はどう?
いやぁ〜 下とあまり変わらんような(笑;

途上からの関富士 筆捨山への尾根 奥は? 蜂は、いなかった(笑)
関富士 展望台 明星ヶ岳   羽黒山


そのまま遊歩道が続いて
ふと、左手に三子山!  三山だものこれは分かる!

背伸びして飛び上がって大騒ぎして撮っとりますが、この先から、そんなんせんでもちゃんと見えます。(笑)

三子山 ズーム


展望台から30分弱で羽黒山との分岐です。、
筆捨山vs羽黒山、どっちへ行っても「1.2km」と書いてある
私らは筆捨山へ。

自然林が植林に変わり、いっそう広くなった遊歩道を、「筆捨山まで0.4km」の道標に出合い
やぁ、もうすぐ山頂やんか! (^^)v


と、思ったんだけど、、

うわぁ〜〜〜 ひやぁ〜〜〜
なんじゃこりゃ〜〜〜
あ〜し〜あ〜げ〜てぇ〜
あ〜が〜らぁ〜〜〜〜〜ん (T_T)/~~~


上げろと言われりゃ上げますが、これがまことに試練の業でありました。(笑)

というわけで筆捨山到着です。
展望はございません(^_^;

※ 「筆捨山」は室町時代の絵師狩野元信が描こうとして諦め筆を投げた、、というイワレだとか
それはちょっと解りかねました。(笑)


さて、「ここから戻って羽黒山」 というのが一般的ですが、今日はちょっとオプションで
お隣の「花の木」にも寄ってみようという話。

「花の木」なんて、いかにも、、女心をコチョコチョってネーミングですが
一旦、沢に下りて登り返しがキツいらしい。

しっかり付けられた丸太階段を、、これを登り返すのは嫌よね、、とタンタン下って


左手には三子山 右には「花の木」も確かめられます、、ええ感じです♪

三子山    四方岩山 花の木


手すりのついた遊歩道をどんどん進む、
そろそろの分岐、うーんなかなか現れません、、どうやら「ない」のかも、と、ここは強引に、、

振り向けば筆捨山

ずずずずっ、、と
斜面を谷底まで滑って下りて、大丈夫か?
テープあるってMちゃんが言ってます、、何とかなりそう、、

で、テープどこ?
あるんだけどね、、いっぱいあるの。
へぇ (゜.゜?

どれを選べばよいか迷うほどのテープは当てにならず、とにかく渡渉し、踏み跡たよって適当に(^^ゞ
そしたらこういうんが、


その先では林道みたいなんに出くわし、また沢に出たんよ、
はてどっち?
地図を見るけど、特に複雑な谷でもない? その尾根に乗ればええんちゃうの?
と、薄いトレイスを辿ればやがてきれいな道になって
おろらくこれがルートだろう、、とそのままずんずん進んで行きます。


そろそろかなぁ、、と思ってたら、突然! 行く手を阻まれヤブやぁ!

ゲッ! 間違ったかも。 ごめーん(゜.゜;

「花の木」からちょっと逸れてるようだと、Mちゃんが云うので ではっ と思い切ってヤブに突入!

斜面をへつって左にトラバース、イタッ! サルトリイバラが痛いよぉ(^_^; 半泣き、
でも、Mちゃんはどんどん進んでいきます。

あっ! でっかい岩だ
登れる?巻くの?
行ってみるわ、、と、岩角つかんで よっこらしょ
難所はかくしてどうにか越えたが、さらなる岩場がその先に待ち受けていて、さすがにこれは無理だわさっ

と左側に廻り込み、といっても急斜面なので、、そろ〜りそろそろ、、

眺めは (^^)v

やっと傾斜が緩んだか、、と思ったところで あっ!

正面からオジサンが、、
あらっ

あのぉ、、「花の木」って どこでしょう?
すぐそこや。

キャー 助かったぁ! ヽ(^o^)丿

とにもかくにも「花の木」まで直行
谷に下りてから1時間半ちかくも、奮闘してたのでありました。(^^;


「花の木」の山頂は、どこが「花の木」って感じですが(笑)
その南には別名「展望岩」とも呼ばれる大岩があるので、往路を辿って岩の間を縫いながら、とにかくそちらをめざします
わっせわっせ♪

これだぁ!
と、登ったのは、一個手前の岩だったり、(^^ゞ

まちゃがえた (^^ゞ あれは何?


その向こうには、たしかにデカイ岩!
そしてさっきのオジサンも。

大岩からの展望は今までの疲れもぶっ飛ぶくらい、ミゴトな眺めでありまして、
オジサンのそばまで 四つん這いになって上がっていって、

わぁヽ(^。^)ノヽ(^o^)丿すごーい

滑らんよぉ〜に 仙ヶ岳やぁ〜〜♪


もう、嬉しくって ギャァギャァ喚いて、オジサンを追い出したかも? ゴメンなさい(^^ゞ

とにかく \(^o^)/ ヽ(^o^)丿


霞む錫杖ヶ岳

  



思いっきり展望を楽しんで、去りがたい大岩を後にして、羽黒山へと向かいます。

案の定、下山するのも一苦労で、
テープがまたまたあり過ぎで、全く信用できません。
たまたま辿った青テープなんて とんでもない激斜面に続いていて
これを誰かが辿るってこと考えたんだろうか?、ともう腹が立つほど。

ようよう谷へ、、林道に飛び出し 
沢を渡って対岸の薄いトレイスを登っていけば 朝も通った覚えのある分岐。

これだけは想定内でした。(苦笑)

さあ羽黒山へと急ぎます。
分岐を過ごすと 岩尾根になり、、けど、なんか方向がちがうような?
ほんまだ(゜.゜;
と、慌てて引き返し、巨岩の手前を下っていけば
あっ ロープ!

大きな岩に垂れ下がっているロープを引きよせ、、、あれぇ 切れてるやん!


垂れてるロープにぶら下がり、なりふり構わず這いあがります しかし岩の上には松の枝がびっしり
これは潜れません、、しかも絶壁!

、、、あぁぁ でも行くのね?(笑) ハイハイ と、しゃにむに潜り込んで、、

次の「胎内くぐり」にはなかなか出合えず、不安な面持ち (゜.゜;
馬の背の岩場をヨタヨタ渡って


ゲゲゲ、、行き止まっとるぅ、、そろ〜り戻るぅ、、ってな一幕も。(笑;

胎内くぐりは こんなんでした。

すんません、フル出場いただきまして、m(_ _)m

シダを分け、まだまだ続く岩尾根にオウジョウしながら、、
羽黒山は もう過ぎたかな?
と、たまたまザレ地で資料を開いて、、、あぁ ここ?、、、そこでした。(笑)

向こうに明星ヶ岳 錫杖ヶ岳


もう16時前で、
そろそろ日も傾きかけてて、、ちょっと焦っておりますが、最後の展望岩にも登らねば
と、アタフタしてたら、、あっ あった!

亀山の工場群 関富士


やっと眼下に林道が、羽黒権現神社の鳥居をくぐって めでたくゴールイン♪

( ^^)Y☆Y(^^ )


いやぁ 実に盛りだくさんな一日でした、、関富士には行かなかったけど、、
「富士山は見る山」 っていうので
ゆっくりと眺めながら、駐車場へと戻ることにいたします。

鷲町からの関富士


運転・画像提供 ありがとう!


 トップページへ