FX自動売買
禁断のケーキ
恋活
家電バーゲン

【伏見から八坂さん】

月2日(土) 晴れ

標高 243m

ミツ ・ チー

マピオン地図・・・・・・・・  地図上の  が 清水山 

伏見稲荷9:35−四つ辻10:12−泉涌寺10:38−国道1号線11:40−清水山12:08(昼25)
東山山頂広場12:52(15)−知恩院13:32−八坂神社14:00

前に、とある宴会場で、エライ先生から問われたことがある。
「伏見稲荷から東山まで歩けるらしいですね」
私の山シュミを知ってのことである。

調べてみると、確かに「京都一周トレイル・東山コース」という
標高100〜200m辺りの、ほとんど地べたをチマチマ徘徊するルートがあるようだ。

折も折、正月寒波で街中でも小雪が舞ってるし、幾分、気分もすさんでいる、
とても山気分には、なれない。(^^ゞ
なので、ここならばよもやの撤退はないだろう、というのを選んだ。(笑)

8時前に家を出て、それでも梅田から淀屋橋まで歩き(かされ?)ました、始発に乗りたいばっかりに。
でも正月の地下街はあきまへんわ!
あっちこっちでシャッター閉まって足止め喰らって階段上ったり下ったり、結局、20分以上もかかってしまいまして、
ご褒美は?
京阪の特急電車、リクライニングシート、
これはマジ、快適だった♪

丹波橋で普通に乗り換え、伏見稲荷駅に9時半着。


思ったよりも人が少ない、


、、んなわけがありません!(笑)


ザック担いだ私らに 「上までですか? どのくらいかかります?」と、オジサン。
「3時間半ほどですかね」
ちゃうって! それは東山までの話で、稲荷山ならせいぜい20分くらいでしょ。(汗;
(しかし後で見たら、稲荷山巡拝 約2時間とありました。(笑)


土産物屋が居並ぶ参道に大勢の参拝客、
正月だとさすがに警備員も立っていて順路でないと進めない。
今日ばかりはミツも苛ついて(?)一人二人とゴボウ抜き

本殿で初詣を済ませたら、さぁ、ここからが鳥居さん、

伏見稲荷の鳥居群、、おびただしい数の鳥居の数珠つなぎ、くぐってもくぐってもまだ鳥居。

神社の境内から、だんだん山っぽくなってきたけど、まだまだ鳥居は納まらず、



以前、初詣に来たのは7年も昔(!)
その時に比べたら体力ついたわぁ、スイスイ上がれてる、
と、立ち止まっては嬉々としてはる、(笑)

ま、ザックと靴の関係もあるだろうし、(笑)

ここが三ツ辻?
と、思った10分先に、ホンマもんの三ツ辻
(やっぱりバテとる?)


右折してさらに登っていくと、ようよう市街も望めてきて、パーンと開けたところが四ツ辻
正面には京都市街が一望。

売店もあるし、みんなジャケット脱いで寛いでる。
愛宕山には雲がかかって、幾分白いような?
京都西山 ポンポン山 牛松山    愛宕山

さて、私らは稲荷山の鳥居を離れ、少し上がって左折する。

しかし未だに鳥居の残像が、、
お墓の中にも鳥居さん!
まさに鳥居ワールド 鳥居文化の骨頂ですな。(笑)



やっと一般道になり、舗装路をどんどん下る。
先ほどまでの雅な世界から一変し、急に俗世間に放り出されたって感じ。
おまけに結構な傾斜だ、、そこを小荷物抱えた宅配業者の兄さんが、スタスタと登ってきはる。
スゲエ。

ザック姿で住宅街をノソノソ歩く。

これが予想以上に大変で
所々にある、京都一周トレイル表示、石塀の小さな標板、電信柱にぶらさがってる表示など、
どれ一つ見落としたらルートを外す。

ガイド本と首っ引き、何度も覗き込んでは、一言一句読み逃せず、どれほど歩みを止めて読み返したことか。
これぞ緊張の連続!(笑)


泉涌寺へと向かう途上で、宮内庁の敷地内に立ち入った、なんか、穏やかな所やねぇ、、
とか、気楽なご亭主(!)

だからここ「お墓」ですけど、、(苦笑)
御陵

右手に立派な門が見えてきた、あぁ、ようやく泉涌寺に着いたようだ、皇室ゆかりの寺だそうな、、



寺の脇を北進し今熊野観音の方へと右折、
今熊野観音寺には行かず、赤い橋を右からくぐれと、ガイド本が云ってます。


橋をくぐって直進すると、
剣神社前に出て、鋭角に右折したら、なだらかな坂を上る、、フムフム (..)φ

あぁ、やれやれだ。(笑)

おっ! 愛宕山。
こっちには京都タワー
もう、そんなとこまで来たんやねぇ、、土地勘あれば感慨もヒトシオ、なんだろうけれど。(笑)
京都タワー 愛宕山 サネカズラ


再び住宅街
早く抜けたい一心で急ぎ足で邁進すれば
三叉路に突きあたって、「清水山は、200m戻って左折」 と石壁に落書きっぽく書いてあった。
ほんまだろうか?

左を意識しダラダラ戻れば、
あぁぁ!

これは見落とす、、よね?(^^ゞ

その先の階段上がれば、ようようの山道になった。

鬱蒼とした六条山山道、、それでも街中より数段、歩きやすい。

峠を越えて下っていくと眼下に車道が見え、国道一号線に飛び出した。

車がびゅんびゅん走ってる、その対面に、京都トレイルの道標がチラッと窺えるが
はて、どこを渡るん?

横断歩道とかないし、中央分離帯も壁になってて、、


困った時はガイド本(笑)

「左に折れ、すぐに渋谷街道、、」というのがある?

あっ あった!

道標を凝視して、
この先をぐるっと回り込んで渋谷街道を横断したら右折、そこで国道をくぐり抜け、られるそうですわぁ はぁ、

これが対面から見えていた
京都トレイルの道標

知っていたら何でもないのだろうけど、ここはマジで疲れましたなぁ、(笑)

国道を越えた先の急階段が、めっちゃきつくて
それを上がると左に折れ、またすぐ先を左折する。

六条天皇陵への分岐を見送り、正面に道標。

ここでめでたく、高台寺国有林へと入ることに ヽ(^o^)丿 いよいよコースも終盤なのだ、 拍手!!

丸太階段、広い山道、鬱蒼とした森の中、ジグザグに登っていく。
何だか、初めて登山してるって感じや。



ようよう傾斜がゆるんだと思った頃、「清水山三角点は右折」とあって
とりあえずそれを踏みに行き、さっきのベンチでお昼です。


伏見稲荷で見かけたカップルが、私らの前を一礼して過ぎて行かれる、普通、ここでお昼はしないよね。(笑)

下っていくと東屋があり
表示に従い、奥の階段を上がれば、石仏の点在する道になった。


間もなく右手に給水タンク、その先がパッと開けて東山山頂広場
右手にはヘリポート、その向こうには比叡山。
その手前は大文字山?

樹木の間に清水寺も見えている。

清水寺

で、展望台・市街一望ってのを探しに行く。

駐車場奥を左折したところ ここか?
一望ねぇ、って気もするけど、

ま、よろしやん。(笑)

広場の向こうに将軍塚、その奥が大日堂


将軍塚は
平安京を作られた桓武天皇が世の鎮静を願われ、2.5mの巨大な像に甲冑を着せ弓矢を持たせて埋めたのだそうな
以来、天下に異変がある時には、この塚が鳴動すると。
あぁーそおですか。

大日堂の観賞は次回にして(笑)
再び石仏道を下っていくと、間もなく知恩院に下り着いた。


知恩院の大鐘楼、日本三大名鐘の一つ。

鐘があまりにデカイので
走り込んで体当たりザマに撞くのだと、、観光タクシーの運転手さんが実演してはる。
へぇ〜

そういえば除夜の鐘も聞かなかった、これを見て聞いたつもりになっておくかね。(笑)

ゴ〜ン!

人だらけの河原町に耐えぬいて、贔屓の店でお茶にする。

いみじくも充実したお年始で ございました。
m(_ _)m


円山公園にて
龍馬と中岡慎太郎


ご拝読深謝!

 トップページへ