FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

【氷ノ山】

11月6日(土) 快晴

標高 1509m

チー

マピオン地図・・・・・・・・  地図上の  が 氷ノ山 


駐車場9:25−登山口9:40−仙谷コース−氷ノ越出合11:55−こしき岩ー氷ノ山山頂12:20(昼)13:00
三ノ丸13:55(10)−リフト終点14:55−登山口15:50−駐車場16:15


前夜、突じょ、行くことになった氷ノ山
でも、山崎インターを降りてから登山口まで、さらに2時間半も、かかるという。
ほな5時起きの5時半出発、よろしな?
ひえぇ〜〜〜
そういう人と、山行く心の重たさよ。(笑)

5時35分発、
夜明け前でまだ暗く、宝塚インターまでの道で、すでに迷ったり、
もう帰ろ!
と、キレギレ、お先真っ暗、どうなることかと高速に乗れば
渋滞点滅「中国道」は意外とスイスイ♪

山崎ICを出てR29を北進、途中でコンビニにも寄り、深まる秋を満喫しながらR482に入り
私にピッタリの「わかさ(若桜)氷ノ山スキー場」に着いたんが
9:15
なんと、2時間もかからんかった。
ゴキゲ〜ン♪

でもって、すでに標高900mを超えていて、周囲の山がええ感じ♪
なんてったって快晴やし!

ウキウキやで、、、、人も多いやろけど、、(笑)


高原の宿「氷太くん」の駐車場に停めさせていただき
車道を引き返して、スキー場の方に上がっていく、、、さて登山道は?

「仙谷やったら、山の方にまっすぐや〜!」
やぁ〜天の声?
じゃなくて、屋根を修理中のオジサンが、高いとこから指してくれておったのでした。
かたじけな〜い、m(_ _)m


今日は仙谷、、いうても、かの「由人さま」ではなく、(意味不明ぇ〜笑)
難路で名高い?谷コース。(^^ゞ

スキー場の草付の踏み跡から杉林に入り、
辺りのモミジによろめきながら自然探勝路の分岐を過ごすと、道は自然と沢沿いになる。


左の斜面が今、紅葉まっさかりで、これでもかぁ〜 ってほど艶やか。
今日は、この狭い沢筋を行くが、一部崩落してたり、渡渉も多いと聞いている。
大丈夫か?(笑)


モロに沢のなかで、浮石、ゴロ石、濡れてる石と、よく滑る。
雪になったら引き返せとも書いてあるので慎重に!

でも、渡渉ポイントはちゃんと示してあるし、踏み跡も適当に付いていて、さほど難路じゃない?
そう、今はまだ。(笑)


深い谷にはブナ、ミズナラの大木が悠然として、まるで原始の森に迷い込んだよう。



見上げれば頭上の木々が陽に照らされて艶やかで
早くあそこに行きたいと、逸(はや)る気持ちが、登攀意欲をかき立てる。(笑)


早くも下山してこられたオジサン。
「早いですねぇ、何時から?」
「8時頃からかなぁ、、この道、よぉ滑るなぁ、、」
「はぁ、」
今日、初めての登山者だ。

谷を詰めるにしたがって、道はどんどん険しくなって
逆に紅葉は鮮やかになって

大岩に鎖がだら〜んと垂れてる。

濡れ石は危険なので、冷た〜い鎖に寄りすがり、よじ登って、ヨッコラショ、
しばらく行くと、また鎖、、

ゆっくり行けば大丈夫だけど、

谷の美しさに魅了され、どこかで休憩と思いながら、
1時間半ほどで、枝尾根に乗って、やっと紅葉に追いついた。(笑)
ここでちょっと小休止。

木々の間から下界がチララ、スキー場も見えている。

ほんまに、ええ天気やなぁ、、

登ってこられたカップルに、場所を譲って、急登に取りつく。
疎らに黄葉を残した、ブナ林の激登り!

あらぁ〜


聳えるブナ、犇めくブナ、光るブナ、漂うブナ
その中を、縫うように、、

気分爽快、、ではあるが、、

(真ん中の画像にマウスを…)
画像 貼りすぎ! (>_<) 

何度も止まって見渡して、這い上がっては見下ろして、
切り株に腰を下し、ある秋の日向ぼっこ
なんと贅沢な!


たった200mほどを、30分もかけ、ゆっくりゆっくり楽しんで
氷ノ越からの道にやっと合流。
ホッ♪

そのすぐ上が、懐かしのコシキ岩。


誰も登っていないので、ザックをデポし、ノソノソと這い上がり、、
そうよ、これよ この展望だよ、
と、有頂天。

おぉ、コワ、(笑;
スキー場 高丸山 ハチ高原スキー場

登山道の人が、あの人、何してんの?
って見上げてはる。

皆、登らへんのや、、
しかし人、多いなぁ、、と、今になって、ようやく気がついた私ですけど、(笑)

アナタ 登らんのぉ〜?

氷ノ山までのよく整備された丸太階段は、前と同様、ヌタヌタで、
そこを大勢がふらふらと登るので、
急きょ、現実に引き戻されたってふうで、みるみる気持ちが萎えてくる。


チラチラ景色も気にしつつ
500mほどを、たった10分ほどで登りきる。(^^ゞ

うわぁ〜 山頂も人だらけぇ〜
\(-o-)/

氷ノ山山頂

昔、秋に登った時も快晴だったが、これほど混んでなかったと思う。
やっぱり登山ブームなのか、

写真もそこそこに場所移動し、いつもの休憩小屋、
お昼、この上でもいい?
トイレの上ですけど。(笑)

ミツもちょっと?キレ・モード

山頂に戻りたくないなぁ、
休憩小屋から先には三ノ丸へのなだらかな尾根が、「笹の絨毯」 を広げたみたいに広がっている。
あっちに行こうか?

またオバハン ワケの分からんことを、、

ミツは無言で資料を広げ、指を折って、ここを1時に出たとして、、4時には着くかなぁ、
ハイ モチ! 着く着くボウシよ (^◇^)

ほな、発とう!

ぬけるような青空に、遥かな山が霞んで見える。


ウヒヒ 悲願達成や! \(^o^)/

一部、迷うと書いてあるが、笹がよく刈りこまれてるし、道もくっきりしているし
大丈夫だろう。

少し下ると右に踏み跡、、何がある?と行ってみると、
「センネンキャラボク」
あぁ、これかぁ! そういえば、資料に書いてありました。(^^ゞ

千年キャラボク


雲一つない青空の下、快適な尾根歩き、三の丸が凛々しくて、、心が自然と弾んでくる、
二組ほどの人に会う。

向かう 三ノ丸

緩やかに下って登り返すと、ちょっと場違いな杉木立に入った、、

陽が入らないので水はけが悪いのか、地面はヌタヌタ、靴もヌタヌタ

根っこに頼るとズルッと滑り、地面に下りたらズボッとハマり、
オマケに見通し利かなくて、踏み跡ムチャクチャ、登山道どこ? 分からへん。

「迷う」とはここのこと?



右往左往し、ようやく抜け出て振り向けば、ミツの前に4人ほどの若者が、シャカシャカ こっちに向かってる、
な〜んだ、先導してもらえばよかった。(笑)

彼らに先を譲って、その先の二ノ丸まで登って振り返る。

背後になった氷ノ山 避難小屋が可愛らしい。

氷ノ山 二ノ丸から三ノ丸

その先も、多少、ぬかるんだ所があったが、さほど抵抗なく進め、
登り詰めたら三ノ丸

三の丸近づく

三の丸には展望台
先ほどの若者たちが、私を見るなり場所を譲って降りてくれ、、アリガトウ m(_ _)m


展望台からの眺めは雄大!
遠くの山はシルエット、近くの山は赤く燃え
氷ノ山の避難小屋が、あーんなに小さくなってますぅ〜

赤倉山   氷ノ山

見渡す限り大展望
あ〜 こっちに来てよかったなぁ、と、今になって、しみじみ思う。(^^ゞ

陣鉢山 扇ノ山 赤倉山 三の丸避難小屋    三室山

若者たちの倍ぐらいも居て、たっぷり展望を楽しんで、おもむろに下山
すぐ先に三の丸避難小屋と東屋


下山と言っても、しばらくはなだらか。
すっかり葉を落としてるブナの林を抜ければ、徐々に傾斜がついてきた。


右に特徴的な赤倉山を見て、杉林の斜面を激下る。
その杉が落葉松に変わり、パッと黄色いトンネルになり、、その中を大騒ぎして駆け下りる、
ズルズル滑って、危ないなぁ〜(笑)


落葉松に雑木が混じり、リフト終点まで下りてきて
あぁ、ヤレヤレと小休止。

リフトの先、眼下に広がるスキー場、あの底に下りるのねぇ、
向こうには車を停めてる「氷太くん」の青い屋根
あっこまで、飛んでいければなぁ、


リフトの斜面には丸太階段がびっしり付けられていて、
有難いけど、下りづらい。

気を抜いたら踏み外しそうだし、よそ見もできん、イラつくが、ここは我慢や、辛抱辛抱!



しかしどうでしょ、このパノラマ!
もったいないので、たまには止まって見回して、再び下ろう、一歩ずつ、
そう、人生はワンツー♪(笑)

やっとスキー場まで下りてきて、
周囲の紅葉に再び歓声!


そして、下ってきた斜面を見上げて、また歓声!


そういえば三の丸からこっち、誰にも会ってない、この凝縮された紅葉を
私らだけで占めている。(^^)v


もう15時半で、陽も傾きかけ、辺りの木々がいっそう赤くなってきた。

ますます立ち去りがたいけど、
まだ下山が残ってる、、えっ どこ下るのよ? (。。;


どこなと下れの斜面だが、よく見れば敷き詰められてる笹の一部がスーッと禿げてて
あぁ、これが道かいな。

周囲の紅葉に魅了され、道から何度も脱線しながら、ようよう車道に出れまして、



こっちに下りるんだったら、もっと近くに停めてればよかった、、
とか話しながら
朝のスキー場を経て、20分ほどで「氷太くん」


ロングコースの紅葉狩りだったけど?
うん、良かった、良かった!

\(^o^)/


 トップページヘ