FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
恋活

【矢筈ヶ山(やはずがせん)

標高 1358 m   歩行時間(約)6時間05分

11/03 (祝 土) 晴れ 

しろくまさん、 ミツ、チー 

←  「」 が 矢筈ヶ山 の位置

家5:15→しろくまさん家→池田IC(中国道)5:42→福崎→院庄IC(コンビニ)
→(米子道)→蒜山IC8:10→鏡ヶ成→一向ヶ平(いっこうがなる)キャンプ場 9:00


登山口9:15→大山滝(10)→大休口10:35→大休峠11:55(15)→矢筈ヶ山13:00(15)
→大休峠14:00(30)→謎の碑15:45→登山口16:30


キャンプ場16:45→関金温泉 宿舎17:30(泊)

高速代  往路 1050+1150+ 700 = 2900円    早朝・通勤割引

     
復路  600+1250+1600 = 3450円   通勤割引


= 6350円
ガソリン代
約40L = 5675円
宿泊代






初秋に遠出のモクロミが、雨で流れ、紅葉にも未だ オメモジ叶わず
ストレス溜まりまくりの日々

「大山 見に行こか!」

笛吹きゃ踊る ミツを駆り立て
とりあえず(ミツが)宿は押えたぜ! さて どこ行こ?

ガイド本 パラパラめくって
やっと 白羽の矢を立てたのが大山の北東側に派生する
矢筈ヶ山でした。

前日になって、しろくまさんが ドタ参!
なんとなんと
この界隈 くまの棲息地 生育地でも ございまして
めっちゃ心強い!

・・・・・・・・・・

さてさて翌朝 当日
早朝&通勤割引を駆使し、はたまた院庄ICでは、一旦下りてお昼の調達!

ただいまのところ 絶好調♪ の我らですが、、

ちょっと待ったぁ(^O^)/

景色 見て行こ!

クリックしてね


雲海
大山 烏ヶ山
烏ヶ山


あきまへんわ
こう度々 途中下車してたんじゃ、、、なぁ

ビューポイント鬼女台を過ぎてからも 全く懲りる気配なく、、、


目くるめく青空の下
鏡ヶ成から地蔵峠を経て関金温泉分岐を過ごし、
やっとやっと 一向ヶ平キャンプ場
9:00着

かなり下ってきましたけど
今日の矢筈ヶ山は、大山滝への遊歩道からスタートします。

実は
この大山滝!
昔々、大山避暑時代、納涼求めて ふらりと寄ったが
ウバユリ見たタタリ?

スコールのような雨に遭い、もう●▲ツまで ビッチャビチャ!

それ以来、大山滝は鬼門じゃー(!)

(´Д`)

ところで、もしもし
「台風で道が崩れて通行止め ってのは 今 どうなってるんですか?」

はて?(゚.゚)

「尋ねてみたら、この夏、遊歩道を付け替えたんだが、お金だけかかって 不評 極まりないと、、」

ほぉー(゚_゚)

うわぁ〜

\(@o@)/


段の幅狭いし めちゃくちゃ急だし、、帰り 登れんかっても ワシャ知らんでぇ〜
とか溢しつつ
ぐんぐん下って、奈落?に落ち 下り立ち 真ん前が 大山滝つり橋

おーい 紅葉!


紅葉には まだ少し早いけど、おかげで(?)人影まばらだし (^_^)v

桧林の中を小屋跡、一丁地蔵を経て

「日本の滝百選」の誉れ高き 大山滝まで。

謎の碑


ここからは
サンダルではキツイかも?
という登山道へと、入っていきます。

小さな渡渉
まもなく大休口、地獄谷への分岐に着いて
おおむねここまで植林帯

大休口


桧の間に間に、チラチラ光るは 未だ浅き紅葉たち

そしていよいよ雑木林へ

いにしえの大山道でもあった登山道は、中国自然歩道というだけあって
整備されてて歩きよい。

ジグザグと高度を上げるにしたがって
紅葉の色が増していく。

それでも「紅葉欠乏症」で
カラカラになった体にすれば、いくら彩り浴びても 厭き足らず
もっともっと〜! と 叫んでは
紅葉まみれになっていく。

三本杉分れでヤッケを脱いで

左に連なる異様な稜線

あれ何?(゚_゚)

気を取られている間にも、どんどん紅葉 伸してきます。

烏ヶ山でした!
正解は、、、?


ヤブからガサガサおじさん飛び出し
何ですの?
ブナヒラダケですよ、食べはりますか?

イヤイヤ(^_^;

蒸パン ブナヒラタケ?


ブナの斜面を登りつめ、大休峠へとたどり着く


今 正午
避難小屋の内外に、人があふれて、ラーメン臭やら、テン泊組やら、、
左手には野田ヶ山

けど
私らは初志貫徹!

軽く食べたら、矢筈ヶ山へと取り付きます。

中国自然歩道から外れた道は
突然 突き放されたかの如くに 急登 薮っぽく
人との交差も、ままならぬ。

滑るぅ〜 先 行かせてくでぇ〜

だけど、、

「きっれいやなぁ〜」

今回 はじめて(!) しろくまさんを唸らせた(笑)
矢筈の斜面の紅葉 あっぱれ!

振り向けば
大山そして、かの三鈷峰

吊尾根 渋く 重なり合って

木々の隙間に日本海
矢筈のすそ野が、どんどん広がり

ブナの森林限界を超え
笹や潅木の染まる中 登って、登って、登りつめれば

ついに 矢筈ヶ山
登頂でーす。

\(~o~)/

眼下には小矢筈を従えて、遮(さえぎ)るものない大展望。

こりゃ やっぱし スライドショーで、、ということに、、、(^^ゞ


(★「おしまい」になれば 画面の×で戻ってきてね。)

大山は
ミツの到着を待ちわびて?
あっという間にガスの中に消えました。

未練なし
戻る時間も 気にかかる

ごった返す山頂を後に
お昼は避難小屋まで下ってから、、、ということに。

再び紅葉をくぐり抜け
さて
その小屋は、宿泊する人で さらにさらに大賑わい

その後
自然歩道を下りてる間にも
どんどん人が上がってきている。

小さな水場はあったけど
あんなに多勢 大丈夫かなぁ


私らは下界の色へと戻っていきます。


夕暮れ時でも 大山滝の見物人は絶えず
吊橋到着16時

よっしゃ〜 上るぞー! (^O^)/
謎の碑


画像提供 ありがとう!

【出会った植物】

花はほとんと、終わりかけです。

きく科 ノブキ、ゴマナ?、ビッチュウアザミ、
つつじ科 ホツツジ

ゴマナ? ムラサキシキブ ヤブコウジ ビッチュウアザミ ユキザサ コマユミ


お話は 翌日 へと続きます。

       
 トップページへ