家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

【焼尾山〜三国〜烏帽子〜狗留孫山】

11/29 (土) 晴れのち曇り

標高922m(焼尾山) 歩行時間(約)5時間20分 

ジオンさん、kayoさん、風花さん、らぶさん、れぶんさん、りんどうさん
鳥さん、ミッキーさん、窪さん、平工さん、クローバーさん、クロオさん
単独行さん、Leoさん、しろくまさん、チー
(16名)

地図・・・・ ← 「↓」 が 焼尾山(本日の最高点)


家6:25→裏道6:35→尼崎6:40→八日市→関ヶ原8:23→コンビニ→上石津某所8:40→鞍掛峠P9:30

鞍掛峠P9:45→鞍掛峠10:05→焼尾山10:30→三国岳最高点11:30→三国岳→鉄塔広場12:50(昼40)→烏帽子岳14:10→狗留孫山14:45→林道15:25→長楽寺→駐車場16:00


駐車場→あじさいの里(お風呂)→kayoさん宅

高速代(往路)  2300円 + 650円 = 2950円

岐阜のkayoさん家で 『一大イベント』があるらしい、、というのは風の便りに聞いていたけど、まさか私が
そのお招きに与るとは、思ってもいなかった。(^^ゞ

11月中旬に単独行さんから第一報が届き、チーさん向きのシュラフも貸すと、、添い寝も可
ほんまかっ !(^^)!

その後、リーダーや、当時、主夫修業中の老師さまから
「おみゃぁ ドタキャンとか すんなよなっ!」
    みたいなメール、、せえへん(‐‐;

というワケ?で、お天気にも恵まれ、一泊二日の願ってもない「お招き山行」が、叶うことになったのです、はい。

三上山


会うのも山行くのも一ヶ月ぶりという しろくまさん
もう、いつから会ってないんだか忘れてしまった 単独行さん、
これまた、山やめたんか思とったらまだやっとったんかいLeoさんの優しい?運転で、
一路、関ヶ原へと向かう。

ココだけの話
車内は今日の案内が届いたの届かねぇの、アレ言うたの知らねぇのと、行き違いのさまざまで騒然となっている。(笑)
でも、お空 まっ晴れ!

インターを降りてコンビニで用を済ませ、待ち合わせ場所に10分の遅刻ぅ
すんまへんm(_ _)m

とりあえず輪になって簡単に自己紹介、、えっ 何て言われた?分からへん、、ま、ええか(^^ゞ
と、お顔とお名前が一致せぬまま、車を連ね、篠立の駐車場まで
一台は下山地点の長楽寺へ。

そして数台に分乗して今日のスタート地点まで
黄金橋を右折し、R306をぐんぐん上がって鞍掛峠着 9時半。

あらもうそんな時間なの?と、、さすがに駐車場は満車寸前だが、隅にグジャッとかためて停める。(笑)

たまたまその場に居合わせたクロオさんも、何の因果か(笑)引っぱり込まれて
総勢16名の賑々しいスタートとなる。

Leoさん提供
ジオンさん提供

橋を渡って峠までの急坂を、ジオンさんをトップに 老師をシッポに 縦列組んでガシガシと登り出す。
それがもの凄いスピードで、写真撮るヒマもないくらい、、

ここへは5月に御池めぐりに来て以来、いや、鈴鹿自体がそれ以来(!)という私、
今ならヒルの不安もないぞ、 と悠に構えとったが この早足はあの時以上やん!
ゼェゼェハァハァ (´Д`;

峠に着いたらもうバテバテ。(笑;

見上げれば、御池の稜線や頭陀ヶ平が、青空に映えてて綺麗ぇ〜♪


もぉ私、あっちに行く イテッ!\(ー。ーメ、、とか思いながら(笑)、焼尾山へのさらなる激登りに耐えていく。

急勾配と猛スピードは、いっこうに緩む気配なく、(笑;

か弱い私は 三国岳分岐でメマイして(-。-ゞ  焼尾山に着いたらさぶぅ〜なって立眩み、(@。@;あれぇ〜〜

低血圧、貧血モチには、しょっぱなこれは、キツかった!
今度からシッポ、、歩こ。(ー。‐;

展望     展望


胸のすくような景色に見とれ
両手にいっぱいのお菓子に癒されて、三国岳へと一旦下る、、、下るんかい!

そぉですよ! だってあの時 チーさんは、この坂を 全速力 だったじゃないっすかっ
ほ〜か(゜.゜?

※あの時とは三国岳でmakotoさんたちお歴々にバッタリとお逢いして、ドあつかましくも焼尾〜鞍掛峠と縦走さしてもろた
 そうそう!ヽ(^o^)丿

で!
ただ今、坂を下りに下って 目の前の三国岳が、どんどん上になっております。
どこまで下るねん! て感じだけど、、

三国岳 狗留孫山

右側に、ゴールの狗留孫山が見え始め
あそこはミツと春に歩いたぁ、、とか懐かしみ、、

鞍部まで下ったら、即、三国岳への登り返し、、、あぁ これを返すんけ、、は〜い(-_-) 

わっせわっせ

ほんまに皆、元気やなぁ、、と、つくづく。

ギャーとか上の方で聞こえてる、誰か滑ったん? 落石か?
鳥さんが落ちてきた岩を腕で受け止めてくれはったみたいで、、ちょっとお怪我を、、大丈夫か、、
応急処置されてる間に 私はちょっと息 整えさしてもろて、(^^ゞ

登山再開
そして ついに三国岳に登りつく!
はぁ さよかぁ

霊仙山  ダイラの頭  ソノド
裏 ちゃう?(笑;

ここは三国岳の「最高点」 で、
「山頂」はまだこの5分ほど先で、「三角点」はまたそれからだいぶ先。(^^;

三国岳山頂 11:40
雑木林は、もうすっかり葉を落としているけれど、その分、御池岳の稜線が眩しくて、、やっほ〜(^.^)/~

行くの? 行かへん!

二次林を駆け登る 御池岳  鈴北岳

もういい時間ですが
お昼は予定通り、烏帽子岳途上の鉄塔広場、でとりますので、だいたい13時頃です、とリーダーから。

三角点に行くという、ジオン、Leo、ラブ、クロオさんたちを見送って (^.^)/~~~
ほな私らは ためらいもなく(笑)烏帽子岳へと向かいます。

まだ あ〜〜んなに向こう!


そう、ここから烏帽子岳までは、チー未踏のルートです。 ルンo(^-^)o

三角点との分岐を過ぎると、突じょ 岩壁を這う激下りになって、
滑る落ち葉に足すくわれて、枝に掴まり 大騒ぎ

危っねぇ〜〜


それさえ越えれば やがてポカンとひらけた台地になって、冬枯れの雑木林に、、あっ 池!
ちゃう ヌタ場。 そぉなん?(゜.゜)

でも、とっても感じいいですよねぇ
って趣味、疑われるかも(^^ゞ

ここでお弁当もいいよね? あかんて!
ほな、あの4人を待つ?、、いや もう先に行こう、、と、薄情な誰かに皆が従い?(笑)

再び始まる激登り、、そして激下り、、


狗留孫山を垣間見て、雑木の隙間には下界の黄葉、、あぁ ボク お腹すいたわぁ ←誰のセリフか書かんでも、、(笑)
たしかに、鉄塔が待ち遠しい〜

崩落しているヤセ尾根を、用心しながら辿っていって、、

ねぇ チーさんあれかなぁ?
しろくまさんが指す先にブナの古木が二本 立っていて

えっ あれが 鈴鹿一 太いブナ?
はい ブナ将軍と副将軍

後続隊も見てたのね (クロオさん提供)

思ったよりも細いのです。
ちょい人物との比較が不適切だと思いますけど、イテッ!\(ーーメ

ヤセ尾根を、トラバース

あった! ありましたぁ
雑木の間に鉄塔が覗く、、お弁当広場やぁ〜〜 \(^o^)/
突然、書かんでも誰かが駆け出して、、

早く着いても、どうせ皆を待ちますやん
とか言ったって、もうけっして止まりません、、ま、いつものパターンですわ。(笑)

みんなも来た来た!


鉄塔広場は360度の大展望で、風が少し冷たいけれど、景色 見る方が忙しかったり、、(^^ゞ

三角点行った組も、追いついてきたようです、、早っ!

狗留孫山
展望     展望


風の凌げるところに移動して
ジオンさんが全速力でお善哉を作ってくれて おぉ! アンコがニガテな老師も食っとる!明日雨かも?
3杯もお代りしとんの 誰っ!? (笑)

ほな集合写真を!
あれぇ〜 一人足りないけど、、ま、、あの人は黒枠でええだろ(笑) パシャ!

ごちっ! 誰か よそ見しとるし(−−;
ぜんざい クロオさん 提供


右手正面の烏帽子岳までもう少しやね、と、出発するけど、食後にはズシリと堪えるこの急登!

すぐ後ろでジオンさんがどなたかと九州話をしてはり、ワシも仲間に入れてほしいけど
もう、息切れてるし、振り向いたらひっくり返るし(笑;

崩れかけのプラ階段を四つん這いでよじ登り
岩場のところにエンヤコ〜ラ! 

あら老師! ご無事でしたか。(笑)
さすがだね、ここからの展望 バッチシです。

霊仙山 ソノド


しろくまさん提供


巡視路を右に見送って、ガシガシ登ればついに烏帽子岳の最高点、、狗留孫山はここを右、、ですが
私らはまず直進し、烏帽子岳山頂を極めますぅ、、よね?

そして今度こそ、全員揃って集合写真だっ (^O^)/ ←そんなタイソーな(笑)

イェ〜イ! (Leoさん提供)


もうここから狗留孫山へは稜線伝い。
このエリアがお庭のkayoさんがトップを買って出てくれて、隊列を組んでばりばり進む。

予報どおり、雲行きがちょっと怪しい?  まぁ 下山までは持つでしょう。

中里ダム湖 狗留孫山


狗留孫山到着14:45
だだっ広い原っぱの山頂に掛けてるプレートは、狗留「尊」になっていて、「孫」か「尊」でモメテはります?

その昔、狗留孫仏というのがおわしましたそうな
これは、お釈迦さんより以前に登場した仏さん(過去七仏)のお一人なんだそうな、、
その神さんのお山なん?
  ま、知ってて「損」はない話。(笑)




えっ もう下山しちゃうの?

「そや! 風呂行って 宴会や!」
ってモードになってる人も誰か、、すぐわかる。(笑)

あれ、もう行っちまったぁ、、(^^;

こらっ!
 三国岳 頭陀ヶ平  御池岳

気がつくと、残っているのはワシらだけ?

「山とのお名残り惜しいですメンバー」が居残って、ちょいと タラタラやってます。
やりたい放題やろっ! ともいう。(笑)

誰が撮ったか・・・ 書かんでも分かる(笑)


途中で クローバーさんに追いついて

「よおまぁ こんなコースを 40キロも担いで歩きはったねぇ、、今度は私を担ぎやっ」
とか労って?たら、
林道のとこで おっそいなぁ〜 って みんなの目線を一斉に浴びる。

ゴメンちゃい(^^ゞ

とっとと歩くでっ!
クロオさん提供


長楽寺で運転手さんに車を取りに行っていただき
私らは篠立の駐車場。


みんなが戻ってきて車に乗り込んだ、と思ったら
ザーーー!

うわぁ〜危機一髪だった!

そして、お風呂屋さん、kayoさん宅の大宴会、、シュラフ泊へと、、続きます。

では、皆さま また明日♪
おやすみなさい。

クロオさん提供


運転・画像提供・ご準備・ご配慮・お片付けなど一切合財 大変、お世話になりました。
kayoさまはじめ、皆さまどうもありがとう!



2日目のレポへ

 トップページへ