楽天市場
FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪



花の種類と多さにかけては、天下一品。チーの知っている限りでは、「伊吹山」以来の驚異の世界。
白山には、ハクサンフウロ・ハクサンイチゲなど、ハクサンと名のつく花も多々あり、地図上に紹介されたお花畑の多さを見るにつけても、山への思慕はつのるばかりだ。
しかし、世の中には、行ってみないと分からないことがある。白山のお花畑は、まさに想像を絶する世界。
その規模は、スイスアルプスを彷彿させるスケールで、眼前に広がっている。

人間でさえ、吹き飛ばされそうな強風の下で、いよいよ咲き誇る草花達は、高木の途切れた世界で、悠悠自適な生活を楽しみ
とりわけ観光新道には、傾斜が急な斜面に、数々の花々が、狂喜乱舞しつつ、 
まるで歌っているかのように、強風に身を任せている。

そこに至った誘因には、標高差から生じる気温の変化、積雪量の多さ、土壌の湿度、風当たりの強さなど、様々なことが上げられるらしい。

頂上付近なら、高さ20センチ足らずの矮(ワイ)性の低木 ツガザクラ。
高山ではハイマツが成育。
亜高山帯では、低木の変わりに、巨大なお花畑が、ところ狭しと広がっている。
その数の多さたるや、半端ではない。

積雪量と、風の少ない関係で、雪渓の残る地域や、雪解けの遅いエリアでは、雪解けの冷たい水を好む、雪田植物と呼ばれる珍しい種の群落や、湿原が形成され、ツガザクラや、ハクサンコザクラは、それにあたるらしい。

そのひとつひとつに、いちいち 心ときめかせていたのでは、カメラのフイルムは、いくらってあっても足りず、
事実、チーは、旅行二日目、登山初日の、お池めぐり途上で、フイルムをすべて 使い果たしてしまう という失態を やらかしている。
さいわいに、ミツのデジカメを没収しての撮影会は、続けられることになったのだけれど・・・

そんなわけで、かなり はしょったつもりで、花の写真を整理した (本人は、そのつもり) 結果を、ご披露することにいたしました。
撮影技術の問題で、十分に撮れていないもの、名前のあやしいもの、趣味の写真など、様々あり、お恥ずかしい・・・ その上、サイズか小さすぎてヒジョーに見難い。
なにとぞ、ご了承の上、鑑賞、且 ご一笑くださると幸いです。

花の写真 T 花の写真 U 花の名前 花を見かけた場所

オオバギボウシ 手取川
綿ヶ滝周辺
イケマ ? 砂防新道 登山口〜
中飯場
ミヤマ シシウド 砂防新道
いたるところ
ハクサンジャシン 砂防新道
いたるところ
ハクサン オミナエシ 砂防新道
いたるところ
シナノ オトギリ 砂防新道
別当覗 付近

ノアザミ 砂防新道
別当覗
センジュ ガンピ 砂防新道
別当覗
キバナノ  ツキヌキ
タマガワ ホトトギス
ホトトギス属
砂防新道
別当覗付近
シナノ キンバイ 砂防新道

○ヒキオコシ 砂防新道
別当覗〜甚ノ助小屋
ミヤマ コウゾリナ 砂防新道
ハクサン フウロ 砂防新道
白山 いたるところ

カラマツソウ 砂防新道
甚ノ助小屋

オオバミゾホオズキ 砂防新道
甚ノ助小屋
シモツケソウ 白山 いたるところ
イブキトラノオ 砂防新道
甚ノ助小屋〜
ニッコウ キスゲ 砂防新道
甚ノ助小屋〜
観光新道

ミヤマイワ ニガナ 砂防新道
いたるところ
タカネ ナデシコ 砂防新道
〜黒ボコ岩

バイケイソウ 砂防新道
黒ボコ岩 付近
チングルマ 花と種 砂防新道
黒ボコ岩〜
イワギキョウ 室堂 付近
クルマユリ 室堂 付近

イワ ツメクサ 室堂 付近

コメバ ツガザクラ 室堂〜山頂

ミヤマ リンドウ 黒ボコ岩
お池めぐり
ヨツバ シオガマ 室堂
お池めぐり

ミヤマ タネツケバナ お池めぐり

ミヤマ
ダイモンジソウ
室堂
お池めぐり

クロクモソウ 室堂
お池めぐり
水屋尻雪渓
クロユリ 花・花後 室堂
水屋尻雪渓 付近

ハクサンコザクラ 室堂
水屋尻雪渓 付近

アオノ ツガザクラ 室堂
水屋尻雪渓 付近

コイワカガミ 室堂
水屋尻雪渓 付近
コ バイケイソウ 室堂
水屋尻雪渓
いたるところ

ゴゼン タチバナ エコライン
マツムシソウ エコライン
観光新道

カライトソウ 観光新道

イヌトウバナ 観光新道 ふもと

タテヤマ ウツボグサ 観光新道 ふもと

       白山へ戻る