FX自動売買
禁断のケーキ
じゃらん♪
さくらのVPS

6/6 (日)曇り 兵庫県

五助山・六甲凌雲台・番匠屋畑尾根 標高870m 歩行時間6時間20分

塚口8:34→阪急御影8:56

御影9:05→白鶴美術館9:25→五助堰堤9:55→水場1025(休)→五助山11:20(昼)12:10→→東の天狗岩13:10→六甲山凌雲台13:40(休)14:05→三角点15:00→湯槽谷峠15:18→紅葉谷分岐15:50(休)→車道16:30→有馬バス停16:45

有馬町バス停16:52→(阪急バス550円)→宝塚17:22→阪急宝塚17:27→塚口17:52

 前日の好天をやり過ごして、雨の山行を遂行する。はたして、御影駅で待っていたものは、アンおじさんたちグループ。しかも、偶然、五助へ向かうというなんとも気持ち悪〜いお話。誘われるままに同行し、おかげで迷い道の心配もなく、初めてのデジカメを振り回す。
しかし、昼食は空腹前の11時半から始まるし 「旅は道連れやろ」 と言い寄られ、終には六甲南北縦走で有馬まで付き合う破目に・・・幸運にもボッカ荷となった雨具を担いで、夕闇迫る我が家のベルを恐る恐る押せば、直後の夕立。やっぱ、「日頃の行い」かなぁ 

五助堰堤
水場
五助山からの
展望
登頂の
証拠写真
楽しい岩場
結局
どれが天狗岩か特定出来なかった
六甲凌雲台
一転して
リゾート地
凌雲台より
五助山を顧みる
まさかの
長い丸太道
再び
杉木立
有馬ループバス

 今日出会ったお花さんたち・・・ウツギ類・アマドコロ・ホウチャクソウ・タンナサワフタギ・ヤマボウシ・ハルジオン・ヒメジオン・スイカズラ・テイカカズラ・ネジキ・アジサイ類などなど  6月には白花が多い。 谷を埋め尽くし、山容を彩り、零れんばかりに咲き誇る花々の饗宴。さしずめ JUNE BRIGHT か・・・

ウツギ ササユリ コアジサイ ネジキ アマドコロ スノキ タンナ
サワフタギ
ヤブウツギ

まだまだ続く

コゴメウツギ ヤマボウシ ノリウツギ


6/13 (日)晴れ 兵庫県

大船山・有馬富士公園 標高653m 歩行時間2時間半+1時間(公園散策)

家8:10→宝塚IC8:30→西宮北IC8:40(550円)→三田大磯アスレチックP9:27

大磯登山口9:35→コル10:11→大船山山頂10:28(休)10:55→大船寺跡11:15→波豆川車道12:05→大磯アスレチック12:30

アスレチックP12:30→有馬富士公園12:45(昼・福島池一周)14:35→西宮北有料道路(250円)→(買い物)→家16:25



太古の昔、大和人が海外から帰国して、淡路沖からこの山を認め、「やっと、帰って来た!」と感嘆した山 ???
まさしく、驚きの展望。三田の山奥とは思えぬ遠望は、播磨灘を越え淡路へ、大阪湾を経て金剛山系へ。
百聞は一見にしかず
是非、お天気の日に登るべし。
ただし、登山道はうす暗く、日の目を見ずの修験道ですよ。 さしずめ受難劇・・・あしからず。

すぐにわかる
登山口
ちょっと寂しい
アスレチック大磯
四国三十三ヶ所
ミニ観音霊場
鬱蒼とした
登山道
光る
木漏れ日
続く急登 お先に登頂 雄岡山・雌岡山
淡路島までが
見渡せる
大阪の向こうに
金剛・葛城の
山々までが
町石道


 山頂が昼には早く、有馬富士公園まで、すきっ腹抱えて足を伸ばす。
すぐに帰るつもりが、ついつい長居を・・

ガラス張りに
される
おじさん
遊ぶ
おじさん
飛ぶ
おじさん
固まる
おじさん
構える
天高く肥える
クリの花
こちら
大船山
こちら
有馬富士

 今日出会ったお花さんたち (この時期、登山道には、ほとんど見当たらず、紹介するのは、アスレチック大磯へ戻る車道沿いか、有馬富士公園の福島池脇のものです)

ウツボグサ ニガナ ノイバラ ノアザミ ヒメジオン クリ サルナシ ウマノアシカタ ヘビイチゴ ミヤコグサ


6/19(土)晴れ 兵庫県

石切山・釣鐘山 標高284.1m 歩行時間3時間20分

家8:25→(車)→阪急山本駅8:51

山本駅8:55→最明寺滝9:15→満願寺9:45→(老人ホーム〜長尾台ふれあい公園裏手)→石切山10:30(休)10:55→(右往左往)→釣鐘山11:36(昼)12:10→JR川西池田駅12:55

川西池田13:09→猪名寺13:17→つかしん(ぶらぶら)→家14:45



伊丹の友人宅から、阪急神戸線の車窓から、はたまた駅ビルの小窓から、遠望できる小山。
その美しさに惹かれ、いつの日にか、行ってみたい、と、心ひそかに願っていました。
そして、その日はついに、やってきたのです。 エッセイへ 

最明寺滝 満願寺の
弘法大師
立像
山頂手前より
北摂の山々を望む
かわゆい
プレート
猪名川河川敷〜大阪空港 飛び立つ
ヒコーキ
宝塚造形芸術大学の向こうに中山 釣鐘山
飲食不可
だったようで・・
釣鐘山の
名前の由来
釣鐘堂わきの
ヒサカキ

6/27(日)曇りのち雨のち晴れ 兵庫県

トゥエンティクロス(途中敗退)・鍋蓋山 標高487m 歩行時間約7時間

家8:10→塚口8:24→三宮8:50

三宮8:52→新神戸9:11→布引の滝9:20→桜茶屋10:15→黒岩尾根分岐先10:50(リタイヤ)→桜茶屋11:30→修法ヶ原池12:05(昼)12:53→洞川湖13:15(一周)→鍋蓋山13:50(休)14:00→猩々池14:50→諏訪山公園15:35(休)15:45→三宮(ぶらぶら)

三宮17:00→塚口17:23



今までになく、水量の多い布引の滝は、豪快に水しぶきを上げて、清涼感を浴びせ掛けている。
ハーブ園のロープウェーを見上げ、ニンマリとシャッターを切ったまでは良かったが、降水確率20%だった空が、俄かに掻き曇って、ポツポツやり出した。
慌てて、雨具(傘しか持ってなかった!)を用意する間に、それはみるみる大粒に。
しかも、一向に止む気配がない。
まさかのファミリー向けコース、トゥエンティ・クロスが、膝まで浸かる沢登になるとは・・・
Uターンして引き上げる人の波に押されて、ミツは早くも踵を返している。
「おーい、戻るのは良いけど、まさか、新神戸のベンチで弁当広げるつもりじゃぁ  あ〜ン?」
「いや、とにかく、最初渡った川まで引き返そう」
(これだから、おじさんなんか、連れてくるんじゃなかったんだ)
       
結局、その他大勢がハーブ園に向かうのを尻目に、観梅の記憶の残る「修法ヶ原」が、今日の二人のお昼となる。
気が付けば、先ほどの吹きザラシがウソのように、雨も止んでいる。
「弁当も食ったし、僕、ここからバスで帰るわ」
「なにうぉー?」
この人、言い出したら聞かんのやったわ。ほんで、私を一人、人気のない山中に残して、それでもいくつもりか・・・
この、人でなし! 悪魔め! 鬼め!
無言の抵抗を続けるチーに向かって、おもむろにミツ君
「今まで、ほんと楽しかったよ」
「なんや、別れ話みたいやな」 ♪今日でお別れね♪

結局、ド石頭に愛想をつかしたチーは独り、洞川湖を抜けて、鍋蓋山へと旅立ったのでした。
むろん、直後に出逢ったオカトラノオの群落に、狂喜乱舞して、夫のことなど、あっという間に眼中から消えたのは、言うまでもありません。
このようなことを、一般には 「おっと(夫)幸い」 というのだそうです。

布引 雄滝
水量多し
展望所より神戸市街 見上げれば
ハーブ園ロープウェー
人気のない
修法ヶ原池
ランチタイム
鍋蓋山より
六甲アイランド
こちらも寂しい
鍋蓋山より
明石海峡
猩々池
アジサイが
慰めてくれた

 今日出会ったお花さんたち

アカメガシワ ムラサキシキブ ネムノキ
(群生地あり)
オオ
キンケイギク
ヤマボウシ ヤマアジサイ オカトラノオ
(群生地あり)
ホタルブクロ
(絶滅寸前?)
ナワシロイチゴ アジサイ